文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成26年5月19日 定例記者会見 項目別

「海の祭典・サンオーシャンフェス」の開催について(説明)

 そして3番目、最後となりますが、「『海の祭典・サンオーシャンフェス』の開催について」であります。
 本年は本四高速の全国共通料金制度の導入を始めといたしまして、剣山国定公園が指定の50周年、また瀬戸内海国立公園は指定80周年、そして四国八十八カ所霊場こちらが、開創1200年祭を迎えるなど、正に記念すべき年、エポックメイクの年などとも呼ばしていただいておりまして、県下全域で、多彩な周年行事、こちらが予定をされております。これと併せまして、阿南市淡島海岸から室戸市羽根岬に至ります、延長200キロメートルにも及ぶ室戸阿南海岸国定公園、こちらが来る6月1日、ちょうど日曜日になりますけどね、指定満50周年を迎えることとなります。
 そこで来年の3月31日まで、県南部の関係団体の皆様方と連携をさせていただきまして、この美しい自然の保全と豊かな恵み、この体感をテーマとさせていただきまして、室戸阿南海岸国定公園指定50周年記念事業を展開する運びとなりまして、そのオープニングイベントとして、「海の祭典・サンオーシャンフェス」こちらを開催をしたいと考えております。
 ではその具体的な内容についてでありますが、まず指定日であります、6月1日、日曜日には、海陽町の大砂海水浴場におきまして、地域の環境保全と振興に御尽力をいただいております、関係者の皆様方をはじめ、未来を担う子どもさん達、また地域の住民の皆様方とともども、美しい自然、豊かな恵みに感謝をし、未来にこれらをしっかりと継承していく、その機会とする50周年を祝福する記念式典を開催をしたいと考えております。この式典では、シドニーオリンピックの銅メダリスト源純夏さんに50周年記念事業の旗振り役といたしまして、様々なイベントの参画、あるいは情報発信をしていただく、「四国の右下PR大使」を委嘱をさせていただき、オープニング宣言をしていただければと考えております。
 次に室戸阿南海岸国定公園をまるごと体感をしていただくために5月31日と6月1日の二日間、大砂海水浴場と、まぜのおかオートキャンプ場におきまして、誰もが楽しめる、海遊びを競技化をいたしました、「B級マリンスポーツ世界選手権」や地元食材をふんだんに利用した「まぜのおかBBQ(バーベキュー)ナイト」といった、御家族や御友人で楽しめる催しを行いたいと考えております。
 さらに美しい自然を将来にわたって保全をしていく「未来志向」ということで、6月1日には、大砂海水浴場におきまして、来場者の方々に、海岸漂着物、またゴミを拾っていただく、ビーチコーミングや海岸漂着物、その防止啓発展、また漂着物で工作教室なども予定をしているところであります。
 こうしたオープニングイベントをキックオフといたしまして、記者の皆さま方には、お手元に配らさせていただいておりますが、イベントガイド、これも作らさせていただき、記載をしてありますとおり、盛りだくさんのイベント、これを企画をしております。さらに主なものを申し上げていきますと、全国からご当地丼、丼ぶりが集結し、県南部からは、これまでも売り込んできた、「南阿波丼」が参加をいたします、11月開催の「全国丼サミットinみなみ」、美波町ですね。
 そして、南阿波サンラインを活用いたしまして、景観や自然、こちらを体感をしていただく、12月開催予定の「南阿波サンラインウォーキング」、そしてフィナーレとして、50周年記念事業を総括をした記念フォーラムを開催していくこととしております。
 こうした取組みによりまして、室戸阿南海岸国定公園の美しく、そして豊かな自然、これを未来にしっかりと継承をしていきますとともに、「四国の右下右上がり」こうしたキャッチフレーズを挙げておりますがね、この四国の右下の魅力を県内外に大いに発信をし、四国の右下のファンを、この機会に大いに募っていきたいと考えております。

以上、私の方からは3点です。よろしくお願いをいたします。

(幹事社:司会)
 質問のある社がありましたら、お願いいたします。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議