文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成26年11月10日 定例記者会見 項目別

川内原子力発電所の再稼働について(質疑)

(徳島新聞社)
 よろしいですか。鹿児島県知事が川内原発再稼働に全国で初めて、新しい基準に対して同意したということなんですけど、そのことについて、知事どのように受け止められていますか。

(知事)
 はい。これはそれぞれの地域においての御判断ということ、当然、国の安全性、原子力規制委員会とかね、こうした所で前政権の時からではありましたけど、バックフィットもさせるんだという形で、とにかくどんどん安全基準を高めると。こうしたものを受ける形での、また経産大臣が直接、鹿児島県まで足を運ばれまして、そこでお話をされたと。こうした点も間接的にお聞きをしておりますので、伊藤知事さんの方でそうしたものを総合的に勘案をして、そして同意をされたんではないのかなと、このように思っています。

(徳島新聞社)
 新しい基準っていうのが、地元の同意っていうのをすごい狭めているというか、そこに今回、迅速にというか、知事の判断が速くなったという要因もあるかと思うんですけど、その点は知事どうですかね。

(知事)
 はい。ここは地元でも実際立地をしてるのは薩摩川内市っていう形になるんですけどね、そのお隣あるいはその周辺、円で30キロ(メートル)圏内たくさん入ってくるんですよね。こうした所で、「これおかしいんじゃないか」とか、鹿児島県の方で行われたいろいろな説明会、ここでもそうした意見が確かに出ていたですよね。
 しかし、こうしたところをどうするか、それは地域地域のそれぞれの判断という形にはなるんではないか。つまり、それだけ県知事であるとか、その立地市町村長、こちらに任されると。もちろん、その県によって、例えば鳥取、島根の関係なんていうのは、ものすごく近いんですよね。この場合には、島根県知事さんの御理解の下、鳥取県の方からの提案をある程度受け入れると。こうした話もあったりして、その地域の状況に応じるのではないかなとは思うんですよね。

(幹事社)
 ほかにありますでしょうか。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議