文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成27年3月16日 定例記者会見 項目別

橘港公共用地緑地施設の一部完成について(説明)

 そして最後、3番目であります「橘港公共用地緑地施設の一部完成について」であります。この橘港公共用地計画につきましては、橘湾石炭火力発電所に隣接をした区域、ここでせっかくですから、ここ小勝島ですね、その前の所を土地造成を行いまして、県南地域の振興はもとより、いろいろな環境の整備を行っていく観点から、複合的な港湾空間を創ろうということ、また、スポーツ志向、健康志向、これにしっかりとお応えをしていくということで、様々なスポーツに接する機会を作っていく施設を整備をして、健康増進はもとより、正に東京オリンピック・パラリンピックに向けても、スポーツ施設整備をする、あるいはスポーツ合宿、あるいは、そうしたところのキャンプ地誘致と、そうした交流人口の増大を図っていく必要があるわけであります。
 そして、緑地の施設の具体的な計画といたしましては、県民の皆さん方が気軽にいつでも親しめる、これはまず大きな目標ということで、今回のこのエリアには、ソフトボール、あるいはサッカー、サッカーと言っても、サッカー場とフットサル両方兼ね備えておりますけどね、このサッカーを対象とした多目的グラウンドなどの整備を予定をしておりまして、平成24年度から埋め立て完了部分から施設整備に着手をしてきたところであります。
では、そのエリアを御覧をいただきたいと思います。(パネル「橘港公共用地緑地施設の一部完成について」を提示して)丁度、こちらが我々の県道側、そして、ここが小勝島、橘の発電所と、その前を埋めてきたんですね、ずっと。ということで、今回は、そのど真ん中の部分ということですね。
 ということで、この度、多目的な利用となるものは、ソフトボール場が1面、そして県産木材を利用した管理棟、そして駐車場の一部が完成をしまして、新年度から供用を開始をしたいということで、来たる4月25日、土曜日に完成式典を行う運びとなりました。当日は、完成式典に続きまして、オープニングセレモニーとして、地元阿南市の中学校女子ソフトボール部の皆さん方によりますエキシビジョンマッチを予定しているところであります。
 今後、このエリア、つまり緑地施設全体の完成を見た場合にはどうなるのか、最終形ですね、ソフトボール場はここに隣接をして北、南で(合わせて)3面、またサッカー場を1面、フットサルコートが2面、またXスポーツなどのエリアも作ろうということで、合わせて整備をする計画であります。こうすることによって、かつてよく言われたんですね、徳島県でソフトボールの大会が実はあったことがあるんです、全国大会、まあ片や三好の池田にあったり、あるいは県南に行ったり、あるいは蔵本使ったり、鳴門使ったりということで大変不評でした、当時はまだオリンピック競技でしたからね、なんでソフトボール専用がないんだってことも言われたものですから、やはり集約的にそうしたものを作ろうということで今回、3面並べて作る、そのメインを作ろうというものであります。
 ということで、今2020年の東京オリンピック・パラリンピック、この時に実は、ソフトボール・野球っていうのがオリンピック種目に復活をするのではないか、こうした点も実は耳をダンボのようにして視野に入れながら、こうした全国規模の大会、またスポーツ合宿、こうしたものをどんどん誘致をする、言わばスポーツレクリエーションを通じまして、正に交流人口の拡大を図るとともに、もちろん地域活性化に繋げていければということを考えております。

 私の方からは、以上3点です。どうぞよろしくお願いをいたします。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議