文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成27年3月16日 定例記者会見 項目別

新しい香酸カンキツ「阿波すず香」の育成について(説明)

(幹事社:司会)
 よろしくお願いします。

(知事)
 おはようございます。
 久方ぶりの定例会見です。よろしくお願いいたします。
 今日は、私の方から3点発表をさせていただきます。
 まず、第1番目は、「新しい香酸カンキツ『阿波すず香』の育成について」であります。言うまでもなく、徳島が誇る3大香酸カンキツというと「スダチ」「ユズ」、そして「ユコウ」となるわけですね。その生産振興とブランド化。また、これ多くの企業の皆さん方に加工して使っていただこうと進めているところであります。
 「スダチ」、言うまでもなく、徳島と言えば「スダチ」、「スダチ」と言えば徳島ということで、今申し上げた大手企業の皆さん方とのコラボレーションという意味では、キリンの皆さん方の「氷結ストロング徳島産すだち」とか、あるいはサントリーの「トリスハイボール」、また外食チェーンの「すだちうどん」など、数多くの具体的な商品化が進んでいるところでありまして、新たな需要が出てきているところであります。
 じゃあ「ユズ」はどうなのか。こちらも負けていないですね。イオンの「木頭ゆずチューハイ」、トップバリューの赤と黒があるうちの100しかないっていう、あの黒入っているんですね。また、サントリーの「オールフリーゆず」こちらはノンアルコールですね。また「トリスハイボール缶ゆず」など、いわゆる商品化が進められているところでありまして、昨年の10月、また今年の1月にフランスで開催をされたSIRHA(シラ)「食の国際見本市」でも大変高い評価をいただいたところでありまして、「ユズ」につきましては、そのものですね生食、輸出の道が大きく開かれたところであります。
 こうした「徳島ならでは」の香酸カンキツを「もうかる農業」、今徳島では、これを掲げているわけでありまして、この「もうかる農業」につなげていくために、農林水産総合技術支援センターにおきまして、「第四の香酸カンキツ」を目指した開発を進めてきたところ、この度、「スダチ」を母親といたしまして、「ユズ」を父親とする交配を進め、お互いのそれぞれ良い特色を合わせ持った新しい香酸カンキツ「阿波すず香」の育成に成功をしたところであります。
 じゃあ、どんな形か見ていただきたいのですけれど。(パネル「阿波すず香」を提示して)こちらが「スダチ」ですね。こちらが「ユズ」。「スダチ」の良いのが、この淡い少し緑っぽい、「ユズ」これも黄色くてとても風味も良いですし、甘さがある。でも、切ると種が多いですよね。ということで、この「阿波すず香」、一見「スダチ」の大きいように見えながら、中は「ユズ」、そして種が少ない。そして、「スダチ」にない甘みを持ち、「ユズ」「スダチ」を合わせた香りを持つ、断面もきれいということで、これは手前味噌かもしれませんけど、「売れるな」という実感もあるわけなんですね。
 ということで、もう一度、「阿波すず香」の特徴をまとめて申し上げていきますと、見ていただいたように種が非常に少ない、そこで断面が美しい、また、果汁が多く、絞りやすいというのが特徴ということで、料理店あるいは料理研究家の皆さん方から「すがすがしい香り」、また「まろやかな酸味」という高い評価を既にいただいているところであります。
そこで、「すがすがしい香り」から「阿波すず香」という命名とさせていただき、去る3月13日、国に品種登録出願を既に行ったところであります。
 また、この「阿波すず香」の栽培上の特徴といたしましては、収穫の適期が「スダチ」の収穫、露地ものですよね、だいたい8月後半から9月ですけどね、その後となる10月から11月、そして、その後に今度は「ユズ」が収穫というふうになる。つまり、「スダチ」や「ユズ」、その栽培体系をうまく組むことができる。「スダチ」が出て、「阿波すず香」が出て、そして次に「ユズ」と。こういう形になりまして、更に果樹では、果実がたくさんなる「表年」と、逆にならない「裏年」、これがあるわけでありますが、この隔年結果と呼んでいるわけですが、これが逆に発生をほとんどしない、つまり安定した収穫が確保できるという特徴もあります。
 また、利用方法としては、「すがすがしい香り」や「まろやかな酸味」を活かしまして、この清涼飲料、あるいはカクテル、ドレッシング、スイーツ、様々な用途にマッチをしていくのではないかと考えています。というのは、我々、ちょっと痛い経験がありまして、先ほどのキリンの「氷結」、今「ストロング徳島産すだち」になっているのですけれど、何とかスダチ使ってもらえませんかって作ってもらった。最後出来上がったものがね、テイスターの人に聞いたんです「なんでこんな名前に、こういうものになったの」って、「いやあ、スダチはちょっと甘みが足りない。甘みが欲しかった」って言って出来上がったのが、キリンの「氷結すだち&かぼす」。大分県では、広瀬知事のところへ持って行ったら、あそこではキリンさん工夫されて「(氷結)かぼす&すだち」だったとかいう話があって大分苦労をかけてしまった。やっぱり、これは徳島産のものでまとめればよかったということで、「ユコウ」をちょっとお願いしておけばよかったかなという反省がある。でも、二つをというよりは、新しい品種を作っていくっていうのが、この世界の言わば成長戦略となる大きな鍵となりますので、そうした痛い経験も実は生きているということを裏話ね、これは裏作・表作ないですよ、全部表作になっているわけですが、という形で、この様々な用途にマッチしていくのではないかと考えております。
 なお、収穫につきましては、苗木を植え付けてから3年実がなるまでにかかるということで、当面の生産につきましては、現地の試験農家の皆さん方を中心に、本格出荷に向けた準備を現在進めているところであります。
 今後、様々な機会を捉えまして、「阿波すず香」の魅力を全国に大いに発信をして、「スダチ」「ユズ」「ユコウ」に続く、これでうまくいけば4大香酸カンキツ、新風を起こしていただきたいなと考えております。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議