やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成27年3月23日 定例記者会見 項目別

「Tokushima Free Wi-Fi」の本格運用開始について(説明)

 まず、第1番目は「『Tokushima Free Wi-Fi』の本格運用開始について」であります。既に、「のぼり」がこう出ているところですけどね。
 スマートフォンやタブレット端末からインターネットに接続できる「公衆無線LAN」いわゆる「Wi-Fi」は、音声回線が集中をして電話が繋がりにくい、特に災害時に非常に有効でありまして、通信手段の多重化を図ることのできるものと考えるところであります。
 また、県民の皆様方の利便性の向上に加えて、特に国内外からの観光客の皆様方の受入の拡大を図るための正に必須のアイテムであります。本県では、全国屈指のブロードバンド環境を最大限に活用をいたしまして、県立防災センターや渦の道といった防災拠点や観光施設など、112施設に「公衆無線LAN」の整備を鋭意進めてきたところであります。
 そこで、この度、誰でも無料で、しかも簡単に使える徳島県無料公衆無線LANサービス「Tokushima Free Wi-Fi」を、4月18日、土曜日から本格運用することとし、3月23日からテスト運用を開始をするものであります。ということで、こちら。(パネル「『表示用ステッカー』及び『ノベルティシール』を貼付したアクリル板を提示して)このように、「ステッカー」あるいは「ノベルティシール」や「のぼり」、こちらをお手元に配付資料に付けさせていただいているところではありますが、ポスターやチラシなどを活用をしまして、「公衆無線LAN」の設置箇所を効果的にPRするとともに、イベントなどにおきましても「Tokushima Free Wi-Fi」の広報活動を積極的に展開をして参りたいと考えております。
 なお、当サービスの概要といたしましては、通信キャリアを限定することなく、無料で利用可能であること。また、メールアドレスの入力と利用規約の同意だけで簡単に利用ができること。また、1回の利用時間は30分となっておりますが、30分を経過した後でも再度メールアドレスを入力いただきますと、何度でも利用することが可能となります。さらに有害サイトをブロックするフィルタリングや不正アクセスを防ぐためのアクセスログの記録を行います。加えて、災害時には、無認証で時間制限なく利用可能となりまして、一部施設では太陽光パネル、また衛星設備を活用いたしまして、電源の途絶、あるいは断線のリスクを回避をしたいと考えております。
 また、3月23日から「Tokushima Free Wi-Fi」専用の案内ホームページを公開をいたします。このホームページでは、サービス概要や利用の案内につきまして、日本語、英語、韓国語、そして中国語の多言語表記で情報発信をしたいと考えております。
 また、徳島県総合地図提供システム上に「Wi-Fiマップ」を作成し、「防災・減災マップ」などと重ね合わせることによりまして、様々な利用が可能となります。
 今後、「Tokushima Free Wi-Fi」の更なる拡大を進めまして、災害時には通信手段の確保を図ることによりまして、避難される皆様方が避難所などにおきまして、安否確認、また災害関連情報の収集を円滑に行えるようにしよう。平時におきましては、観光情報やイベント情報など、徳島の魅力を世界に向けて大いに発信することによりまして、正に平時と災害時、リバーシブル・シームレスでの利用を目指して参りたいと考えております。