文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年2月8日 定例記者会見 項目別

平成27年度「徳島県スポーツ賞」の受賞者決定について(説明)

 それでは、次に3番目、平成27年度「徳島県スポーツ賞」受賞者の決定についてであります。
 いよいよリオ(デジャネイロ)オリンピック(・パラリンピック)の年となりました。 そして、4年後には東京オリンピック・パラリンピックが開催をされる。しかも、その1年前にはラグビーのワールドカップ、1年後には、30歳以上生涯アスリート、生涯スポーツの皆さん方の祭典、関西ワールドマスターズゲームズ、こちらは徳島もその会場となる訳でありまして、国際大会が3年連続で日本で、また、徳島も会場になっていく、場合によってはね、徳島も今キャンプ地で、なんと言ってもホストタウンに選ばれたところでもありますので、しっかりと対応をするだけではなくて、県民の皆様方もスポーツに対する関心が非常に高まってくるのではないか、この機を逃すなということなんですね。
 ということで、本県の場合にも、ライフル射撃の山下敏和(やましたとしかず)選手であるとか、あるいはマラソン女子の伊藤舞(いとうまい)選手が、リオ(デジャネイロ)オリンピック(代表)の切符を既に取られ、これに続く皆さん方も今これから出て行こうとしているところであります。
 そこでこのスポーツ、がんばっていただいた皆様方の顕彰をしっかりと、しかもアスリートだけではなくて、このアスリートを手塩にかけて育てていただいた指導者の皆さん方、この皆さん方も表彰をさせていただくという形で、この徳島県スポーツ賞、平成20年度から行わさせていただきまして、今回、平成27年度の受賞者の皆さん方が決まりましたのでここに発表をさせていただきたいと思います。
 まずは、国際大会あるいは全国大会で優秀な成績を挙げられました、選手とその指導者の皆様方を称えます「グランプリ賞」についてでありますが、「ユースの部」につきましては、「全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」で優勝、昨年の「紀の国わかやま国体ウエイトリフティング競技」で日本高校新記録を樹立し、そして優勝を見事成し遂げていただきました、徳島科学技術高校3年の原勇輝(はらゆうき)選手と、指導者の橋本久(はしもとひさし)さん。
 また、「シニアの部」では、「世界陸上競技選手権女子マラソン」で7位に入賞され、リオデジャネイロオリンピック出場内定をされました、伊藤舞(いとうまい)選手、そしてその指導者の河野匡(かわのただす)さんに、また「マスターズの部」におきましては、「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」の100mと走幅跳の2種目で優勝をされました、渡川孝子(とがわたかこ)さん。
 また、「障がい者スポーツの部」につきましては、「IBSA国際視覚障害者スポーツ連盟主催ワールドカップ・ハンガリー大会柔道競技男子66㎏級」で、銀メダルに輝かれました、藤本聰(ふじもとさとし)さん。
 続きまして、「奨励賞」につきましては、全天候型人工芝の「しらさぎ球技場」の整備や国内最高レベルの特別奨学金制度の設立を通しましてスポーツ選手の育成にご尽力をされました、学校法人四国大学の皆さん。
 そして最後に、国際大会に初出場をされた選手の皆様方を称える「ドリーム賞」につきましては、ローラーフィギュアスケート「世界アーティスティック選手権(大会)」に出場されました川内中学校3年の伊勢綾乃(いせあやの)さん。
 水泳「アジアエージグループ選手権大会」におきまして日本代表として出場され、飛び込みで優勝された城ノ内高校2年の森岡淳之介(もりおかじゅんのすけ)さん。
 また、「広島国際ジュニアサッカー大会」にアンダー16の日本代表として出場されました、北島中学校3年の藤原志龍(ふじわらしりゅう)さんの皆様方であります。
なお、表彰式につきましては2月22日、丁度ぞろ目ですね、月曜日に執り行いますとともに、「グランプリ賞」を受賞された皆様方につきましては、ポカリスエット・スタジアムの正面玄関のグランプリ・ボードに、それぞれお名前とそのご功績をしっかりと刻ませていただきたいと考えております。
 私のほうからは、以上3点です。どうぞよろしくお願いを致します。

(幹事社)
 はい。じゃ、発表事項に関して質問ありますでしょうか。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議