文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年4月11日 定例記者会見 項目別

「とくしま新未来雇用創造プロジェクト」の採択について(説明)

 次に2番目、「とくしま新未来雇用創造プロジェクト」の採択についてであります。
 「県民総活躍社会の実現」、これに向けまして「ひと」と「しごと」の好循環、これを生み出し、そして「とくしま回帰」を加速化するためには、将来に向けた安定的かつ良質な雇用の創出がまさに必要不可欠となるところであります。
 これまでも、本県産業を牽引をしておりますいわゆる電子部品や化学、「ばけがく」の方ですね、これを核とした関連企業の集積はもとより、優れたものづくり技術を有する機械金属関連産業における製品の高付加価値化、また本県の地域資源を活用した農商工連携や地場産業のブランド化など、積極的に取り組んできているところであります。
このたび、厚生労働省のほうが、産業政策と一体となった雇用、その創造のために、製造業を中心、ここがポイントとなりますが、製造業を中心とした地域独自の取組みを支援をする「戦略産業雇用創造プロジェクト」これに対しまして、本県から「とくしま新未来雇用創造プロジェクト」を提案をしてきた結果、提案内容が評価をいただきまして、今年度から平成30年度まで、ですから3年間ということになりますが、この計画が採択となったところであります。
 少しこの「プロジェクト」の内容について、以下お話をしていきたいと思います。
 本県製造業の「強み」、これを活かし、今後、成長が期待をされる「新素材」、あるいは「健康・医療」、そして「地域資源」、こうした関連産業を「新成長戦略産業」と位置づけをさせていただきまして、高機能素材の用途の開発、また国内外への展示会、こうしたところへの積極的な出展の支援等による事業拡大、そして大都市圏をはじめとする都市圏における県内の就職希望者とのマッチングなどなど、企業の開発・生産及び新市場開拓、さらには、人材の育成・確保などを総合的かつ体系的に支援を行うため、国から、この3年間と申し上げましたが、総事業費、約13.7億円の8割が助成をいただける予定でありまして、この事業、これを活用しない手はないではないかということで、成果目標である「3年間で700名の雇用創出」の実現を行って参りたいと考えております。
 なお、4月18日、月曜日となりますが、徳島労働局の飯野(労働)局長さんにご来庁をいただきまして、「採択通知書手交式」が執り行われる予定となっております。
県と致しましては、この新成長戦略産業分野に果敢に挑戦する本県のものづくり企業等に対しまして、開発・生産、そして新市場開拓から人材確保、そして6次産業化、いわゆる海外展開に至るまで、総合的かつ体系的な支援を実施することによりまして、徳島ならではの雇用の創造を目指しますとともに、「課題解決先進県」として、地域産業、その振興と地方創生にとつながるよう、しっかりと取り組んでいきたいと考えております。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議