文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年5月16日 定例記者会見 項目別

国民生活センターの研修業務について(その2)(質疑)

(読売新聞社)
 国民生活センターのほうで、今回69人中50人徳島の人だったと思うんですけど、県外からの参加を増やしていくために、何か今後やろうと思っていらっしゃることとかって。

(知事)
 これは、本県の職員がそれぞれのところにPRに行って、つまりまだ知らない人も実は。マスコミにはこんだけ国民生活センターあるいは消費者庁を徳島へ、そういう社会実験が始まってるんだ。でも、テレビを見ない、あるいはニュースを見ないとか、新聞読まないって方々も全国には多いわけで、そうした皆さんの中で実は参加をするという人たちにとってみると「え、そうだったの」って、「相模原でやるんじゃないの」って。こうしたもの、まだまだあるもんですからね、さらにそうした点についてPRを。
 つい先般は関西広域連合、今では奈良県も入ったところでありますんで、こうした皆さん方にも私から直接、各知事さん方、あるいは市長さん方にPRもさせていただいておりますので、ぜひそうした点についてもっともっとPRをさせていただければ。
 もちろん、これは国民生活センターであるとか、消費者庁の皆さん方にもね、していただければ、このように考えています。

(読売新聞社)
 もう少し県外から来たほうが、1回目なんであれですけど。

(知事)
 1回目の部分については、既にもう申し込んでいたという話も実はお聞きをしていますんでね、これから来年の2月まであと13回ありますのでね。そうしたところでなるべく多くの皆さん方、特に西日本の皆さん方ね、交通の利便性といった点は確かにこれ、あるんですが、でもこれを機会に全国の皆さん方が徳島にね、来ていただくと、こうしたものも期待をしたいなとこう思っています。

(幹事社)
 その他いかがでしょうか。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議