やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年5月30日 定例記者会見 項目別

世界経済状況の認識について(質疑)

(共同通信社)
 よろしいですか。先ほどリーマンショック前に似ているという発言について、これちょっと国内事情をG7の場に無理やりねじ込んだという見方もありますけど、知事としてはそのトップ会談の中で、適切に世界の経済状況を安倍(総理)さんが認識した結果だと、ある意味で正当な理解だっていうふうに捉えられてるということなんでしょうか。

(知事)
 これはもう、今、お話があるように、様々な意見があるんですね。つまり、これを言うことによって一番酷な意見というのは、アベノミクスが上手くいっていない、それを世界的な理由にするんじゃないかと、これが一番酷な話ね。でも、前のリーマンショックの時、実はその前に前兆があって、サブプライムローンの問題があったじゃないですか。で、これが病んでたんだけどアメリカが。意外とみんなもう知らないふりというか、あんまり見たくないみたいな感じで行ったところがどかっとリーマン(ショック)来ちゃった訳ね。
 だから、そうしたことを考えると、今の日本の経済にしてみても、やはり世界の中における日本というね、世界の中の大きな、日本の場合ちっちゃいじゃないんだけど、大きな歯車を担っちゃってるんで、日本の中だけのことを言っていても、これはやっぱりダメなんだね。日本の中がものすごくいいからこれでいけるかと思ったら、翌日は倒れるってことがあるし、日本が非常に厳しくても、世界中が良くなっている傾向だったら、1か月先には良くなっているかも知れない。
 今はもう日本のことだけ考えていたんじゃダメで、世界全体の経済、あるいは世界の様々な紛争であるとか、気候変動だとか、こうしたものを見た上で、じゃあ次の対策どうするのかとこれを打っていかないといけない。
 だからそうした点からいくと、あれだけの首脳と直接話をする中で、やっぱりそれぞれが厳しいと。決してアメリカだけの問題じゃないと。今、イギリスがEUから離脱をしようかどうかっていうね、大問題になっているじゃないですか。これも、だからそうしたことの中にもう端を発していると、っていうことは現に顕在化してるってことですよね。で、そのイギリスの首相も来られた訳だから、当然一緒に様々な点をね、話したと思うんですよ。
 だからそうしたものの中で、やっぱり世界的に見ると、リーマン(ショック)ね、こうしたことが当然起こり得るんではないか。あるいはそいういう状況にもうなってるんじゃないかみたいな、そうしたことを感じ取られたんだと、こう思いますけどね。

(幹事社)
 その他いかがでしょうか。