やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年5月30日 定例記者会見 項目別

第2回「とくしま特選ブランド」の認定について(説明)

 そして、3番目、第2回「とくしま特選ブランド」の認定についてであります。
 昨年度、とくしまブランドを世界に誇れるトップブランドに育て上げていくため、従来の贈答用の一次産品を登録をする「とくしま特選ブランド」と、全国に展開可能な加工食品を認定する「特選・阿波の逸品」の制度を統合をするとともに、これに伝統工芸品を加えまして、新たな「とくしま特選ブランド」としてリニューアルさせていただいたところであります。
 第1回目の審査としては21商品が認定をされましたが、今回は、第2回目として41点の募集がございまして、5月18日水曜日でありますが、外部委員の皆様方による厳正な審査の結果、3点、国内外に誇れる品質、また、商品ストーリー、そして3番目が独自のこだわり、この3つをそれぞれ兼ね備えているものが、選ばれたということで、一次産品については6商品、加工食品が11商品、またこの度、初めてとなる伝統工芸品2商品の合わせて19商品を「とくしま特選ブランド」として、新たに認定をさせていただいたところであります。
このブランドの認定期間については2年間としておりまして、期間の終了後については再審査を行うことで、ブラッシュアップをする、つまり1回認定をされたらそれで終わりということではなくて、2年間の有効期限があり、もし再度それを希望されるのであれば、当然磨きをかけていこうと、そしてプレミア感をより高めていきたいという制度としております。
 これらの認定商品につきましては、6月16日木曜日となりますが、私から認定証を直接お渡しをしたい、このように考えております。
 また、認定商品のPRにつきましては、6月の1か月間、阿波おどり会館1階にあります「あるでよ徳島」におきまして、特設の展示を行いたいと考えております。既に5月9日月曜日から実施をしている、ふるさと納税のお礼の品といたしまして、「とくしま特選ブランド」より厳選したスイーツあるいは調味料等のプレミアムセットの返礼品、徳島観光がお得になる、徳島観光をぜひといった意味でね、「おどる宝島!パスポート」の景品等によりまして、国内外に広くPRをして参りたいと考えております。
また、魅力のある県産品の更なるレベルアップを図っていきますため、売れる商品となるためのワークショップを年に3回開催をしたいと、また、審査員の皆様方によります評価を応募のあった皆様方へお返しをしようと、ブラックボックスということではなくて、どんな点が評価をされて選ばれたのか、あるいはどんな点が選ばれなかったのかフィードバックを行うことによりまして、事業者の皆様方の支援を続けていきたい、プロの目を直接お伝えをしようということであります。
 一次産品には、旬の時期がありますので、今年度より募集の回数を増やし、実は、前回の第1回の時に、「いやあ、旬を過ぎちゃってね」、審査員の皆さん方から大変残念だという声もいただいたところでありまして、年3回、5月、9月、そして1月、認定委員会を開催することといたしております。
 ということで、次回の募集は、9月ということで、ぜひ、多くの事業者の皆様方に、3つのカテゴリーがありますのでね、「とくしま特選ブランド」認定へのチャレンジをぜひ行っていただきたいと思います。
 今後とも、「とくしま特選ブランド」を推進をいたしまして、徳島が誇る優れた県産品の販路拡大を図っていきますとともに、「食の宝庫・徳島」を、さらに国内外にPR、そして、本県経済の活性化にしっかりとつなげて参りたいと考えております。
 私のほうからは発表は、以上3点です。
 どうぞ、よろしくお願いをいたします。

(幹事社)
 ありがとうございます。それでは、発表事項について質問のある社はどうぞ。