文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年7月11日 定例記者会見 項目別

県警本部職員の盗撮行為について(質疑)

(徳島新聞社)
 話題変わりますけれども、先週金曜日、徳島県警の本部に勤務されている警部補が、板野署に盗撮行為ということで逮捕された事案がありました。このことについての受け止めっていうのを、お聞かせいただきたい。

(知事)
本来であれば法をしっかり、その執行に対してね、取り締まるという立場の警察官、この警察官が逆に法を犯す、今回の場合は県条例違反ということになる訳ですが、やはりこういったことはあってはならないことと、県警の職員もこれは徳島県の職員でありますので、私は任命権者ではない訳でありますが、やはり、県民の皆様方を守る立場の人間が恐怖に陥れる、そうしたことがあるんだということについてはね、やはり心からお詫びを申し上げたいと思います。本当に申し訳ないと思っています。
 ぜひ県警の皆さん方にもね、こうした点については、やはり重々に反省をしていただいて、いったい勤務条件に問題があったのか、あるいは個人的な点であったとしてもやはりそうしたものに対しての見守りといった点、こうしたものが本当にちゃんと出来ていたのかどうか、やはり県民の皆さん方の一番頼りとなる、警察官の制服を見、警察官がいるんだというだけで皆が安心をするというね、その信頼を、本当にこの一件、このことによって打ち砕いてしまう、多くの警察職員が一生懸命、日夜ね、勤務をしていただいている、こうした信頼というものもたった一つのそうしたもので壊してしまう。
 もちろん、その被害者となったね、子どもさんにとってみると、これはもう恐怖以外の何物でもない訳でありますので、ぜひこうした点、こうしたことが二度と起こらないようにしっかりと、これは教育といった観点なのか、あるいは勤務環境といったものなのかね、こうしたものをしっかりと、やはり対応してもらいたいな、そして、一度失った信頼を取り返すというのはなかなか大変なこと、そうした点をやはり重々分かっていただいて、再び県民の皆さん方から頼られる徳島県警というふうになれるようにしっかりと取り組んでいただきたい。そして、性癖なんだ、あれは個人的なものなんだということではなく、全体で捉まえていただきたいなとこのように思っております。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議