やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成28年10月31日 定例記者会見 項目別

三笠宮崇仁親王殿下のご逝去について(説明)

(知事)
 おはようございます。9月の定例県議会もありましたので、久方ぶりの記者会見ということになります。
それでは、私からの発表の前に、2点コメントを申し上げたいと思います。

 まず、1番目は三笠宮崇仁親王(みかさのみやたかひとしんのう)殿下のご逝去についてであります。
去る10月27日木曜日となりますが、三笠宮崇仁親王殿下がご逝去されたところであります。
 殿下には、昭和47年、本県で開催をいたしました第22回日本西洋史学会大会に、お成りをいただきますとともに、日本赤十字活動、私も支部長を務めさせていただいておりますが、はじめ、スポーツ・レクリエーション振興などに様々な分野でご貢献をされてきたところでありまして、まさに悲痛の念に堪えない、何と言っても東京オリンピック・パラリンピックに向けまして、スポーツはもとより文化オリンピアード、いよいよスタートを切ったところでありますので、本当に大きな損失であるな、このようにも思うところであります。
 県では、10月28日金曜日から31日月曜日まで、県庁1階正面玄関ホールにおきまして記帳所を設置を致しまして、県民の皆様方と共に、謹んで心から哀悼の意を表したいと思います。