文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成29年1月4日 年頭(臨時)記者会見 項目別

とくしまブランドギャラリー開設について(質疑)

(時事通信社)
 もう一つ聞いていいですか。ターンテーブルなんですけど、開業っていつ頃になりそうなんですか。

(知事)
 はい。これは平成29年度入ってなるべく早くというふうに考えています。まあ丁度、当初徳島県だけでやっていこうと思っていたものが、渋谷全体を一大再開発をしている東急グループですね、東急電鉄、そのホールディングと。まあこちらが全面的に乗り出してきていただいたと。そして更には、隣に児童公園があるんですね、この建物の隣に。で、これは当然渋谷区のものでありますので、今は少し鬱蒼としている状況でもありますので、まあここをやはり子どもさん達にオープンに、そして多くの皆さん方が集えるところにしてもらいたいと、協力したいという話が渋谷区長さんの方から話がありまして、東急電鉄グループと、それと渋谷区と徳島県が手を組む形で新たな拠点を奥渋谷に作ろうと。
 決して徳島だけのブランドギャラリーということではなくて、ここに新しい奥渋谷の拠点をという位置付けになってきたということですので、こうした点については焦ってやってもしょうがありませんから、やはりより良いものをつくると、そして渋谷区からの様々なご提案、また東急からの対応と、こうしたものもしっかり受け止める中で、非常に魅力のある、まさに他のところもやられているアンテナショップとは一線を画したブランドギャラリー、これを展開をしたいと。
 そして、ここをまさに徳島に関心を持っていただく、特に渋谷には海外からのインフルエンサーと、インフルエンザじゃないですけどね、非常にそういう流行を発信をしていただくと、そういう感度の高い皆さん方が世界中から集まっていると。そうした皆さんに徳島と言ったものを知っていただこうと、気づいていただこうと、その拠点にもしたいということで、今回はただ単の物販というだけではなくて、そこにマルシェをつくり、レストランをつくり、そして宿泊機能、交流機能まで持たそうということなんですね。
 実は、渋谷区、今インバウンドとして大変困っていると、これは区長さんからの話がありましてね。ホテルが足りないということなんですよね。しかも海外から来る人っていうのはあんまり高いホテルっていうのは好まない訳なんですよ。でも数がなければ当然値段が上がってきちゃうんですよね。下手をすると今ビジネスホテルが一泊5万円ぐらいすると。これ大変なんですよね、日本人も大変だから。で、そうじゃなくて、そうした皆さん方に、快適な施設を提供していくと。そこで「あ、徳島なんだ!」と「お?徳島だ!」みたいな実感をしていただこうと、こうした点も実は狙いとしてある。それによって徳島に関心を持っていただいて、徳島に行こう、徳島に住もうと、まさに徳島回帰と、こうした点を行おうと。まあロゴの中に入っているように当然UIJというだけじゃなくて、Rもっていうね。このRっていうのは徳島にルーツを持つルーツ、こうしたイメージもありまして、徳島にルーツを持つ皆さん方にも徳島に戻ってきていただこうと。既に「とくしま回帰戦略」の中でも打ち出している、その一大拠点をここに作り上げていくということになります。

(朝日新聞社)
 東京オリンピックまでの開業という考え方なんでしょうか、やっぱり。

(知事)
 というよりも、我々としては東京オリ・パラというよりももっと早くからやってたんですけどね。たまたま東京オリ・パラがそういう形になってきたということですから、当然それよりも早くということにはなります。ただ我々東京オリパラだけだと恐らく東京オリパラが終わった後に大変なことがだいたい起こると。かつて昭和39年の時、つまり(昭和)40年以降同じようなことが起こりましたんでね。まあ我々はそういう宿泊だけということではなくて、まさに「宿泊も」という感じで作ると。そして、東京オリ・パラなどでももう恐らく渋谷、奥渋谷といったものが世界中からも注目をされてきますので、まあその中で徳島といったものをどんどん打ち出すと。そして東京オリ・パラ後もと、このように考えています。

(幹事社)
 他にはよろしいでしょうか。
 それでは、ありがとうございました。

(知事)
 それでは、今年1年よろしくお願いします。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議