やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

ご挨拶

徳島県知事 飯泉 嘉門

 ようこそ知事室へ。徳島県知事の飯泉 嘉門(いいずみ かもん)です。

 

 徳島県は、「鳴門の渦潮」や霊峰「剣山」、桃源郷のような別世界と称される「祖谷」、四国三郎の異名を持つ「吉野川」、海岸線に広がる「美しい海」など豊かな自然にあふれ、これらの自然が育む、安全・安心で高品質な食材「阿波ふうど」の宝庫でもあります。特に、にし阿波地域では、長年受け継がれてきた「傾斜地農耕システム」が「世界農業遺産」に認定されております。

 また、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の公式エンブレムに「ジャパンブルー・藍色」が採用され、国内外の注目が一層高まる「阿波藍」をはじめ、藍がもたらす富により育まれた「阿波おどり」や「阿波人形浄瑠璃」、そして「ベートーヴェン・第九」の「あわ文化4大モチーフ」に代表される多彩な文化が息づく地であり、こうした魅力を世界へと積極的に発信しております。

 あわ文化が織りなす徳島ならではの「おもてなし」で、多くの皆様に「徳島県の魅力」をご堪能いただくとともに、県民の皆様の夢や希望を育むレガシーの創出に向け、しっかり取り組んで参ります。

 さらに、「人口減少」「災害列島」という2つの国難打破に向けて積極果敢に取り組むとともに、真の「地方創生」を実現するために先駆的な挑戦を続けてきており、中でも昨年9月の消費者庁との共催による「G20消費者政策国際会合」はじめ、全国をリードする本県の「消費者行政・消費者教育」が大きく実を結び、今年度には消費者庁の本庁機能を持つ恒常的拠点として、「消費者庁新未来創造戦略本部」が県庁に設置されることとなります。

 いよいよ地方創生「第二幕」が始動。徳島県では、新たな総合戦略を策定し、Society5.0時代における「新次元の地方創生」を展開するとともに、「知恵は地方にあり」の旗の下、課題解決の処方箋をタイムリーに打ち出し、日本全体を「SDGs」が示す「持続可能な社会」へと導いて参りますので、皆様にはご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 徳島の誇る「藍」の色を基調とした、当ホームページでは、本県の「魅力」や「旬の話題」、「目指す方向性」を、皆様へしっかりとお届けして参りますので、大いにご活用いだだき、また、ご意見やご提言などを積極的にお寄せください。お待ちしております。