文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

ご挨拶

徳島県知事 飯泉 嘉門

ようこそ知事室へ。徳島県知事の飯泉 嘉門(いいずみ かもん)です。


我々がかつて経験したことがない新型コロナウイルス感染症に、最前線で日々直接対峙し、ご尽力いただいている医療従事者の皆様、感染拡大防止にご協力いただいている県民、事業者の皆様には、心から感謝申し上げます。

本県では、ワクチン接種の促進やPCR検査等の受検支援、経口治療薬の配備による保健・医療体制の強化など、県民の皆様の「暮らしと命」を守る対策に加え、事業継続支援金や資金繰り支援など、厳しい経営環境にある事業者の皆様の「業と雇用」を守る対策を強力に展開し、このコロナ禍を県民一丸で乗り越え、「アフターコロナ」を迎えることができるよう、全力で取り組んでいます。

そして、「アフターコロナ」、さらにその先の「ポストコロナ新時代」を切り拓き、徳島から「新次元の分散型国土」を創出すべく、処方箋となる「2つのX」、GX(グリーントランスフォーメーション)、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進エンジンとして、「新型コロナウイルス感染症」、「人口減少」、「災害列島」の3つの国難打破に向けて、積極的に施策を展開しています。

例えば、GXでは、ニューノーマル対応型「アウトドアスポーツツーリズム」や、都市部から仕事を持ったまま地方へ移住する「転職なき移住」など、「グリーン社会」につながる新たな人の流れを加速するとともに、燃料電池車両導入の促進や新たな水素供給拠点の整備はじめ「水素社会の実現」に取り組むなど、「徳島県版・脱炭素ロードマップ」の本格展開を図っているところです。
また、DXでは、遠隔医療やオンライン診療の体制強化、「GIGAスクール運営支援センター」の設置による学校や家庭へのサポート体制の強化、デジタル技術を活用した避難所運営モデルの検証など強力に展開し、誰一人取り残さない「デジタル社会」実現に向けて着実に取り組んでいます。

2050年「カーボンニュートラル」、そして2030年、コロナ禍で大きな打撃を受けた社会経済の「飛躍的回復の起爆剤」となり、「ポストコロナ新時代」の新たな価値観として注目されている「SDGs」達成を見据え、まずは来る2025年、関西の地で開催される「大阪・関西万博」をマイルストーンとして、積極果敢に挑戦して参りますので、皆様にはご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

徳島の誇る「藍」の色を基調とした当ホームページでは、本県の「魅力」や「旬の話題」、「目指す方向性」を、皆様へしっかりとお届けして参ります。各種県公式SNSでも様々な情報を発信していますので、大いにご活用いただき、また、ご意見やご提言などを積極的にお寄せください。お待ちしております。