やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成27年6月5日(金)9:15~

〈司会:七條政策創造部長〉
 おはようございます。
 これより,庁議を開催いたします。
 本日の議題であります「平成27年度6月補正予算(案)について」知事からお願いします。

〈飯泉知事〉
  おはようございます。いよいよ平成27年度6月補正予算、肉付け予算ということで、通年予算が完成となります。しかも今回は、当初予算と今回の6月補正を合わせた通年予算というだけでなく、もう一つ意味があります。というのは、「地方創生」、これが国の主要施策、看板施策となっており、国では昨年度の補正予算、県においては平成26年度2月補正の追加予算という形での「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」。この3つを合わせて、「『地方創生・元年』予算」という形になります。我々としては、これを県民の皆様方にお示しをする。県議会の皆様方にも全体像として、お示しをして、「地方創生・元年」として、しっかりとやっていくんだと。一般会計総額で、4,833億円、対前年では1.2%、56億円増になります。

また、先般の知事選で、県民の皆様とお約束させていただいている「マニフェスト」につきましても、いよいよ今回の6月補正予算(肉付け予算)でスタートとなります。その意味では、「とくしま新未来『創造』宣言」いよいよそのスタートを切ることとなります。

さらに、地方創生に関しましては、「日本創成会議」が昨日開かれ、日本全体が大きく揺れています。やはり東京をはじめとする1都3県が、急激な高齢化になる。その対策が出来ていない。これからこれをやるということは、本当に大変なことになりますし、もし仮にこれをやれば、莫大な予算と介護などに従事する若い人達が再び地方から東京圏に集中してしまう。もっと言うと、地方に人を移そうとしているところが、逆になってしまう。これは、まずい。まずは、それぞれのゆかりの地への「地方回帰」、高齢者の皆様にお戻りいただいたらどうだろう、これを長らく我々徳島県から提言し、全国知事会、その前には関西広域連合、昨日の四国知事会でも申し上げてきました。特に桝添都知事にも、「VS東京」を昨年12月に持って行ったとき、こうした点、お互いすりあわせなどもさせていただいたところ。そうした意味では、いよいよ国全体が、我々が提言してきた方向に動き出したということになります。

我々としては、「地方創生の旗手」として期待されることはもとより、高齢者の医療介護のアンバランス、これは国として何とか解消しなければいけない。もっと言うと、日本創生のための大きな課題を我々がしっかりと支えていく。「地方創生の旗手」、それだけに甘んじることなく、日本創生のための大きな課題解決、その処方箋を出し、その礎を徳島から発信していく。既に高齢者の皆様方の「地方回帰」については、スタートすることとなったところで、より具体的な制度構築に向けて、さらに進めていただきたいと思います。

いよいよ今回、「『地方創生・元年』予算」また、「とくしま新未来『創造』宣言」スタートとなります。県議会の先生方にしっかりとご理解をいただくことはもとより、これからは、地方創生の総合戦略を打ち上げていかなければいけないという重要な局面を迎える。皆様には「挙県一致協議会」を含め、県民の皆様はもとより全国に向け、しっかりと発信をお願いしたいと思います。   
私の方からは、以上です。よろしくお願いいたします。

〈司会:七條政策創造部長〉
 ありがとうございました。
 それでは、この件につきまして何かございますでしょうか。
 本日の議題は以上ですが、他に何かございますでしょうか。
 それでは、以上で庁議を終わらせていただきます。