やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成29年3月15日(水)10:00~

〈司会:七條政策創造部長〉
 おはようございます。
これより庁議を開催いたします。

 本日の議題は、「新未来『創造』とくしま行動計画」の変更についてであります。
 この件につきましては、皆様のお力添えにより、先の県議会2月定例会の閉会日に成案となったところでございます。それでは、事務局から説明いたします。

〈佐藤政策調査幹〉
 「新未来『創造』とくしま行動計画」の変更について、御説明させていただきます。
 お手元に御配付の資料のうち、「新未来『創造』とくしま行動計画の変更について」を御覧ください。
 まず、「1.趣旨」でございますが、平成30年度までの県政運営の指針として、平成27年7月に策定いたしました「新未来『創造』とくしま行動計画」につきましては、「進化する行動計画」とするため、平成29年度への改善見直しに当たり、各部局において御検討をいただき、県議会における御論議や、県政運営評価戦略会議の評価、また、総合計画審議会での御審議や、パブリックコメントを踏まえ、その変更案を2月定例会において、議決いただいたところであります。
 次に、「2.改善見直しの概要」でございますが、「行動計画編」に位置付けられた、144の「主要施策」につきましては、県政運営評価戦略会議から、表の左側のとおり、評価を頂きました。このうち、A「順調」とされたものについて71施策、B「概ね順調」とされたものについて18施策、C「要見直し」とされたものについて10施策、合計99施策について見直しを行いました。
 この度の変更におきましては、新規項目の設定45件、文言修正65件、数値目標の修正109件、計219件の改善見直しを行いました。
 その結果、「3.主要事業数及び数値目標数」においては、主要事業数は、平成28年度に対し21件追加して681件、数値目標についても63件追加して1,051件と、全体的な拡充が図られております。
 なお、次のページには、「4.主な見直し点」として、各基本目標ごとに、具体例を記載しておりますが、詳細につきましては、一緒に御配付しております、「新未来『創造』とくしま行動計画・平成29年度版」を御参照いただきますようお願いいたします。
 説明は、以上でございます。どうぞ、よろしくお願いします。

〈司会:七條政策創造部長〉
 ただ今の説明につきまして、ご意見、ご質問などございませんか。
 それでは、知事 からお願いいたします。

〈飯泉知事〉
 先日、2月県議会定例会が閉会し、ただいま説明がありました「新未来『創造』とくしま行動計画」が変更になるとともに、平成28年度2月補正予算と新年度当初予算が成立し、いよいよ具現化に向け注目が集まってくるということになりました。
 
 行政計画というものは、4年間なり5年間という期間があれば、それをずっと通し、そして最終年にローリングという形で見直す、これが普通。でも徳島の場合には、進化する行動計画ということで、常に県民の皆様方のニーズに、あるいは社会経済情勢、今では欠くことができないグローバルな視点、インバウンド対策といった社会情勢の変化を考えると、4年間そのままなんてことはあり得ない、「進化する行動計画」として、毎年見直しを行っているところであります。その意味では、今回、さらにもう一つ加わるのが、4年間の計画の中、毎年見直しはしているわけでありますが、全体のタイムスケジュールとしては、ちょうど折り返し、後半の計画スタートとなるわけでありまして、より今申し上げた点、この具現化を図っていただきたいと思います。

 そのためには、徹底した現場主義、県民目線、そして次世代を担っていただく若者の皆さん方の意見、もちろん県庁の中はもとより、県内の市町村、また関係各団体、多くの若者の皆さん方が、がんばっておられるところでありまして、こうした意見をいかに取り込んでいくのか、こうした点が大変重要になってくるころでありますので、是非、この徹底についてよろしくお願い申し上げます。

 そして、もう一つは、この後、地方創生本部会議が開催されるわけでありますが、この行動計画とともに、地方創生の本県のバイブル、「vs東京『とくしま回帰』総合戦略」の改訂版、こちらの案がとりまとまって、地方創生本部会議の中で決定ということになるわけであります。いわば、その行動計画と、改訂版「総合戦略」が相まって、本県における地方創生、まさに平成29年度は、地方創生本格展開を加速していくということになりますので、スピード感を持ってこれらの計画の具現化を図っていただく必要があります。そうした意味では、この2つの計画の相乗効果、これもしっかりと狙っていってもらいたいと思います。

 皆様方の各部署におけるリーダーシップを、心からご期待を申し上げまして、私からの指示事項とさせていただきます。いよいよ後半戦となります。地方創生本格展開、そして一億総活躍ひいては日本創成にむけてがんばっていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

<司会:七條政策創造部長>
 ありがとうございました。本日の議題は以上ですが、他に何かございませんでしょうか。
 それでは以上で庁議を終わります。