やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

和三盆

和三盆

和三盆糖は竹糖という品種のサトウキビを原料に四国東部で伝統的手法で作られている数少ない国内産の砂糖です。

徳島では今から220年ほど前、上板町の丸山徳弥という修験者によってひろまったと言われ、18世紀末には徳島藩の保護もあり、阿波和三盆糖は、大きな評価を得るようになりました。

上板町周辺の南向きの山麓はサトウキビの栽培に適しており、かつては一面がサトウキビ畑でした。

上品な甘さ、豊かな風味を持つ阿波和三盆糖は、全国の高級和菓子店の甘味として欠かせない存在となっています。