やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県のシンボル

県章

徳島県章は、昭和41年3月広く一般からの募集により決定したものです。「とくしま」の「とく」を図案化し飛鳥としたもので、融和、団結、雄飛、発展の県勢を簡明に表現しています。

県の木「やまもも」

徳島藩時代には御禁木として保護され、やせ地でも生育し、肥料木として山林に植えられたこともあります。
徳島のヤマモモは果実として有名であり、初夏に赤く熟し、甘ずっぱい味覚は私たちを楽しませてくれます。

指定:昭和41年9月13日

県の鳥「しらさぎ」

サギ科の鳥のうち、全身の羽毛が白いものをシラサギと呼びますが、サギ類は湿地や水辺にある森林や竹やぶなどを棲息、繁殖場所とし、県下に広く見られます。
シラサギの美しい純白の姿は、平和のシンボルとして県民に親しまれています。

指定:昭和40年10月1日

県の花「すだちの花」

みかん科に属し、毎年5月中旬頃白い小さい花を咲かせ、古くから徳島県に生育し、果実はさわやかな味覚で親しまれ、県の特産品となっています。

指定:昭和49年10月4日