やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

大規模災害時の建設企業事業継続支援について

県内に甚大な被害を及ぼす大規模な災害が発生した際には、道路啓開やがれき撤去、孤立集落の解消のための橋梁復旧など、公共土木施設の復旧工事に従事する建設企業の役割は極めて重要です。

一方で、大規模災害時には、人員や資機材の確保に要する資金が不足し、建設企業の事業継続に支障をきたすおそれがあります。

徳島県は、建設企業が復旧・復興活動に最大限の力を発揮出来るよう、大規模災害時における事業継続の支援を行います。

1.融資制度の創設

【概要】

・融資対象:県との協定に基づき災害時支援活動を行う者を対象

・融資金額:5千万円以内(金利1.9%以内、保証利率0.45~0.65%)

詳細は、平成30年度中小企業向け融資制度について を参照ください。

(お問い合わせ先:商工労働観光部 商工政策課 金融担当 電話番号088-621-2318 FAX番号:088-621-2897)

2.前金払いが可能となる「暫定契約」の導入

「大規模災害時における暫定契約事務取扱要領」の策定(平成31年1月1日施行)

【概要】

・県内に甚大な被害を及ぼす大規模災害に適用
・工事概要及び概算金額を記載する「暫定契約書」で発注
・前金の支払いが可能
・工事完了後、実績により精算

3.セーフティネット対策として「利子等補給制度」の創設

「大規模災害時建設企業利子等補給補助金交付要綱」の策定(平成31年1月1日施行)

【概要】

・応急工事等の着手後に受けた融資を対象

・支払い残金額の遅延期間における「利子・保証料」を補助