やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「現場代理人及び主任技術者等設置マニュアル」(平成28年7月改定)について

現場代理人及び主任技術者等設置マニュアル

 当マニュアルは,徳島県県土整備部及び各総合県民局県土整備部が発注する建設工事に配置する現場代理人及び主任技術者等について,統一的な解釈及び運用を図り,建設工事の適切な施工の確保に資するため,現場代理人及び主任技術者等の設置に関する国や県からの通知,建設業法,約款,共通仕様書等の内容をひとつにまとめたものです。

 フロー図等を入れて分かりやすく解説するとともに,申請様式等も掲載しております。

 徳島県土木工事共通仕様書の改定(平成28年7月)に伴い,当マニュアルを改定します。

H27.5版からの主な改定内容

1.主任技術者等の配置要件の見直し(建設業法施行令の一部改正)
  ・主任技術者又は監理技術者を専任で配置することが必要となる建設工事の請負代金額
     建築一式工事以外の建設工事:2,500万円→3,500万円
     建築一式工事         :5,000万円→7,000万円
  ・監理技術者の配置が必要となる下請契約の請負代金額の下限
     建築一式工事以外の建設工事:3,000万円→4,000万円
     建築一式工事         :4,500万円→6,000万円

2.「現場代理人及び主任技術者等選任通知書」の提出時期
 ・落札候補者となった時点で契約事務担当者へ通知書を提出する場合
       (現 行)入札参加資格として主任技術者等の専任配置が求められた場合
         (改定後)総合評価落札方式の場合
 ・その他の場合
      契約後7日以内に監督員へ提出(変更なし)

3.雇用関係の確認方法
 健康保険証等(写しでも可)について添付→提示に変更

4.現場代理人等の途中交代要件
 現場代理人等が工期の途中で交代ができる要件として示している「死亡,傷病又は退職等真にやむを得ない場合(特殊事情)」  には,「妊娠,出産,育児,介護」を含める(平成28年5月から適用)。