やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

遊山箱

遊山箱

 野山への行楽(遊山)や雛まつりの弁当箱として使った三段重ねの重箱です。

 古くは江戸時代のものもあり、徳島では大正から昭和戦前期には、どの家庭でも愛用されていました。

 その技術力と、デザイン性の高さから、現在ではインテリアとしても注目されています。

遊山箱

Page Top