やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「新次元林業プロジェクト」の策定について

本県が全国に先駆け平成17年度から実施してきた「林業プロジェクト」では、高性能林業機械の導入により、木材の生産性が大幅に向上するとともに、若者を中心に林業従事者が増加するなど、県産材の生産体制の強化が図られてきました。また、県産材の増加に合わせ、木材を「根元から梢まで」利用する加工体制が構築されるとともに、全国初となる「県産材利用促進条例」の施行により、公共、民間を問わず県産材の利用が進んできました。

こうした成果を礎に、今年度から、県産材の更なる増産と利用の拡大を図るため、10年後の県産材生産量をプロジェクト開始前の約4倍となる60万m3まで高めることを目指し、林業の一歩先の未来を切り開く、「新次元林業プロジェクト」に取り組みます。

これにより、主伐から造林、保育までの「森林サイクル」を取り戻し、雇用を創出するとともに、森林資源の循環利用による森林・林業を核とした「地方創生」の実現を目指します。

<プロジェクトの戦略目標(H36(2024)年度まで)>

プロジェクト以前(H16)

現状

(H26)

目標

(H36)

■県産材の生産・消費量

17万㎥

28万㎥

60万㎥

■新規林業就業者数(累計)

-人

228人

546人

<プロジェクト全体版および概要版>

新次元林業プロジェクト【全体版】その1.pdf(4MB)新次元林業プロジェクト【全体版】その2.pdf(3MB)

新次元林業プロジェクト【概要版】.pdf(356KB)