文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和4年度徳島県地域情報化表彰(e-とくしま表彰)の受賞者決定について

今年度で第14回目となる「徳島県地域情報化表彰(eーとくしま表彰)」の受賞者を、次のとおり決定しました。

受賞者

表彰

ワークス徳島人工知能NLP研究所

主な功績

  • 日本語の自然言語解析分野における研究開発を、産学官連携で進め、成果の多くをOSSで公開し、当該分野の発展に大きく貢献。
  • 取組は国際学会でも高く評価されており、研究成果を基に構築したAIチャットボットは大手企業に採用されるなど研究成果が出ている。
  • 徳島大学をはじめ国内外の研究機関と共同研究を行い、徳島での専門人材の雇用や集積を推進。
谷山 詩温 氏(株式会社AVAD 代表取締役)

主な功績

  • 開発したプログラミング教材「SPACEBLOCK」が、経産省からEdTechツールとして認定され、全国の教育機関等へ波及し始めていることから、着実に成果が上がっている。
  • 子供や新規就農者などITに精通していない方々の利用が考えられており、社会貢献度が高く、今後の発展が期待される。
  • 「SPACEBLOCK」の寄贈や、プログラミング教室を無償で開催するなど多くの社会貢献活動を実施

感謝状

土岐 俊一 氏(徳島大学病院 整形外科 講師)

主な功績

  • 医療機関や民間企業との連携体制構築や、クラウドファンディングによる資金調達を行い、希少がんである軟部肉腫患者を対象とした、国際的に患者のQOLの向上が期待されている電子的患者報告型アウトカムシステムを開発。
  • 四国内で実証が順調に進んでおり、今後は全国の専門機関で実証など更なる発展を予定。

表彰式

・日時:令和5年1月25日(水)午後2時30分から
・場所:ホテルパークウエストン1階ボールルーム (徳島市南前川町3ー1ー22)
※公益財団法人eーとくしま推進財団主催の「eーとくしまビジネスセミナー」の場において実施します。

「eーとくしまビジネスセミナー」については、こちら(https://www.e-tokushima.or.jp/business-seminar/information)をご覧ください。

徳島県地域情報化表彰(e-とくしま表彰)について

目的

徳島県における地域情報化の推進に関し、顕著な功績のあった個人又は団体等を表彰し、その功績をたたえ広く紹介するとともに、今後の活動を奨励することを目的とする。

表彰区分

(1) 表彰
徳島県における地域情報化の推進に関し、顕著な功績のあった個人又は団体の功績を賞し、これを顕彰する場合に用いるものとする。

(2) 感謝状
徳島県等が地域情報化のために実施する事業の推進に関し、顕著な功績のあった個人又は団体に対し、感謝の意を表する場合に用いるものとする。

表彰の対象

表彰は、次に掲げるもので、その功績が顕著なものに対して行う。

(1) 県民だれもが安心してI C T を活用できるよう、地域間格差のない情報利用環境の整備に貢献したもの。

(2) I C T の利活用により、県民の利便性の向上や地域活性化、経済活動の発展に貢献したもの。

(3) 先進的な取組により、I C T の将来を担う人材育成に努めたもの。

(4) その他、地域情報化の推進に関し、前各号に掲げるものと同等の功績があると認められるもの。

表彰団体等数

個人、団体あわせて3 件を原則とする。