やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

<第7回>ホストタウン料理レシピ動画「阿波尾鶏となると金時のシュクメルリ」~ジョージア風トマトときゅうりのサラダを添えて~

シュクメルリ
▲レシピ動画は画像をクリック

用意する食材と作り方

阿波尾鶏となると金時のシュクメルリ(ジョージア風鶏肉のクリーム煮)

用意する食材(2人分)

  • 阿波尾鶏もも肉(一口サイズにカットしたもの)300g

作り方

  • ◆所要時間:30分
  • (1)イタリアンパセリをみじん切り、たまねぎを薄切りにする。さつまいもは、2cm幅の半月切りにする。
  • (2)ブロッコリーは一口サイズに切り、耐熱皿に少量の水(分量外)を入れて、レンジ600Wで1分30秒加熱する。
  • (3)鶏肉を、皮目を下にしてバターで炒め、両面にしっかり焼き色をつける。
  • (4)たまねぎ、さつまいもを入れ、たまねぎが透明になるまで、弱火~中火で炒める。
  • (5)☆の材料をすべていれ、弱火で15分煮込む。
  • (6)具材に火が通ったら、生クリームを加えて混ぜ、沸騰する直前に火を弱め、塩で味を調整する。
  • (7)ブロッコリーと一緒にお皿に盛り、イタリアンパセリをふって完成。

日本人に人気だったジョージア風鶏肉のクリーム煮「シュクメルリ」を、阿波尾鶏となると金時を使って徳島風にアレンジしました。
にんにくと白ワインを加えることで、普段のクリーム煮よりちょっと大人な味に仕上がっています。
バゲットを添えて食べるのもオススメです。

ジョージア風トマトときゅうりのサラダ

用意する食材(2人分)

  • ※◎印の野菜は、徳島県産がオススメです。

作り方

  • ◆所要時間:10分
  • (1)きゅうり、ミディトマトは一口サイズに切り、スイートコーンは水気を切る。
  • (2)くるみを刻んですり鉢に入れ、☆の調味料を加えてすり混ぜ、ドレッシングの完成。
  • (3)(1)に、水気を切ったスイートコーンと刻んだお好みの香草を加え、ドレッシングを入れて、全体的に馴染むまであえて完成。

日本では珍しい、ドレッシングにくるみを使った、ジョージア風のサラダ。
香ばしいドレッシングを、野菜にたっぷりかけて召し上がってください。
 

もっとアレンジレシピを知りたい方は

徳島県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるドイツ・カンボジア・ネパール・ジョージアのホストタウンであり、大会前には、これらの国の代表チームが徳島県で事前キャンプを行う予定です。
各国の料理を徳島県産食材を使ってアレンジしたレシピ動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。
事前キャンプの受入れに向けて、食を通じてそれぞの国への理解を深め、代表チームを応援しましょう!

ホストタウン関連リンク

ホストタウンに関する情報は、こちらをご覧ください。

徳島県ホストタウン情報

世界はもっとひとつになれる-Light up HOST TOWN Project-(内閣官房オリンピック・パラリンピック事務局ウェブサイト)