やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

<第5回>ホストタウン料理レシピ動画「阿波尾鶏と県産野菜のダルバート・タルカリ」

ダルバート・タルカリ
▲レシピ動画は画像をクリック

用意する食材と作り方

阿波尾鶏と県産野菜のタルカリ(ネパール風カレーの炒め物)

用意する食材(2人分)

  • ※◎印の野菜は、徳島県産がオススメです。

作り方

  • ◆所要時間:30分
  • (1) 生姜・にんにくをみじん切りにし、☆の材料を加えて、ペースト状になるまですり鉢ですり潰す。
  • (2)手羽元を、半日以上漬け込む。※1日漬け込むと、より味が染み込み、柔らかくなるのでオススメ。
  • (3)たまねぎはスライス、レンコンはいちょう切りにする。カリフラワーは食べ易い大きさに切り、ミディトマトは、くし切りにする。
  • (4)フライパンにバターをひき、弱火でたまねぎを炒め、透明になったら、レンコン・カリフラワーを加えて、さらに炒める。
  • (5)漬け込んだ手羽元を入れ、炒める。
  • (6)ミディトマト・水150ml・ローリエを加えて、ふたをして弱火~中火で5分煮込み、その後、ふたを外して、さらに5分煮込む。
  • (7)塩・はちみつで味を整えて完成。※辛さをプラスしたい人は、ガラムマサラを加える。
そば米のダルスープ(ネパール風豆のスープ)

用意する食材(2人分)

  • そば米1/2カップ

作り方

  • ◆所要時間:30分
  • (1)そば米を洗わずに鍋に入れ、さわって少し温かい程度に軽く炒る。
  • (2)水180mlを加え、沸騰したら塩を入れ、ふたをして弱火で15分炊き、その後、火を止めて10分蒸らす。
  • (3)別の鍋に蒸しミックスビーンズを入れ、水(600ml・分量外)を加えて加熱し、沸騰後、塩をひとつまみ入れ、ふたをして弱火で15分炊く。
  • (4)生姜・たまねぎをみじん切りにする。
  • (5)フライパンにバターを入れ、クミンシード・鷹の爪を香りが立つまで炒め、(4)を加えてじっくりと炒める。
  • (6)たまねぎが飴色になったら、カレー粉を入れて、さらに炒める。
  • (7)そば米と、ミックスビーンズをゆで汁と一緒に加え、とろとろになるまで、弱火~中火で10~15分加熱する。 ※水分がある程度なくなるまで加熱すると、豆やそば米の旨みが引き出される。
  • (8)塩やカレー粉(分量外)で味を整える。
  • (9)すりこぎ棒やブレンダーで軽くつぶして完成。
大根と県産ゆずのアチャール(ネパール風漬け物)

用意する食材(2人分)

  • 大根100g

作り方

  • ◆所要時間:5分(漬け込む時間を除く)
  • (1)大根の皮をむいて千切りにする。
  • (2)ゆずの果汁を搾り(小さじ1杯)、ゆずの皮はお好みの大きさに切る。
  • (3)ビニール袋などに、切った材料と、ゆず果汁・酢・塩・カレー粉を入れて軽くもみ込む。
  • (4)冷蔵庫で1時間漬け込んで完成。

ご飯と、タルカリ(カレー風味のおかず)・ダルスープ(豆のスープ)・アチャール(漬け物)がセットになった、ネパール風定食を、徳島県産品をふんだんに使ってアレンジ。
ご飯とタルカリを混ぜ、ダルスープとアチャールをお好みで加えながら食べると、それぞれのスパイスがミックスされて味の変化を楽しむことができます。

もっとアレンジレシピを知りたい方は

徳島県は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるドイツ・カンボジア・ネパール・ジョージアのホストタウンであり、大会前には、これらの国の代表チームが徳島県で事前キャンプを行う予定です。
各国の料理を徳島県産食材を使ってアレンジしたレシピ動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。
事前キャンプの受入れに向けて、食を通じてそれぞの国への理解を深め、代表チームを応援しましょう!

ホストタウン関連リンク

ホストタウンに関する情報は、こちらをご覧ください。

徳島県ホストタウン情報

世界はもっとひとつになれる-Light up HOST TOWN Project-(内閣官房オリンピック・パラリンピック事務局ウェブサイト)