やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

土砂災害や洪水・氾濫に備え、どこが危険なのか確認しておこう

日頃から住んでいる地域の危険な箇所や起こりうる自然災害リスクを知り、防災対策に取り組みましょう。

「徳島県水防・砂防情報マップ」では、洪水浸水想定区域や土砂災害警戒区域・特別警戒区域、砂防関係指定地等を確認できるほか、地図に注意事項や決め事等を書き込んで、「オリジナルハザードマップ」を作成することもできるので、避難や防災活動に活用しよう。

徳島県水防・砂防情報マップへの二次元バーコード(別ウィンドウで開く)
徳島県水防・砂防情報マップ(別ウィンドウで開く)
防災すだちくんのイラスト
徳島県水防・砂防情報マップの画面イメージ(PC)
徳島県水防・砂防情報マップの画面イメージ(スマートフォン)

確認できる情報

洪水で堤防が決壊した場合等に浸水が予想される区域と浸水深等を図示したものを閲覧できる
土砂災害の種類に応じた基礎調査により、土砂災害による被害のおそれがある範囲を閲覧できる
砂防三法(砂防法、地すべり等防止法、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律)に基づいて指定される区域を閲覧できる
土砂災害により被害が生じるおそれのある箇所斜面の崩壊形態により、土石流危険渓流、急傾斜地崩壊危険箇所、地すべり危険箇所を閲覧できる

徳島県水防・砂防情報マップを活用しよう!

大雨が降ったとき、どこが危ないかを地図で見てみよう

洪水浸水想定区域図や土砂災害警戒区域・特別警戒区域が、地図や航空写真に重ねて表示できるので、
自宅や職場等の周辺での、大雨時の洪水や土砂災害のリスクのある場所がどこかを地図で見てみましょう。

大雨時の災害リスクを地図に重ねたイメージ
大雨時の災害リスクを地図に重ねて見てみる
大雨時の災害リスクを航空写真と重ねたイメージ
大雨時の災害リスクを航空写真と重ねて見てみる

オリジナルハザードマップを作成してみよう

システム地図に注意事項や決め事等を書き込んで保存・印刷出来る機能(オリジナルハザードマップ作成機能)を使って、自宅や職場等を中心とした「オリジナルハザードマップ」を作成して避難や防災活動に活用しましょう。

地図に書き込んでオリジナル地図を作成できます
ファイル保存したり、紙に印刷して活用できます

マップで提供する区域データ(GISデータ)を活用しよう

システムで見ることのできる各種区域データは、ダウンロード機能により、どなたでも入手可能になっており、ハザードマップへの組み込みや計画・検討に活用することができます。

【ダウンロード提供している情報】

  • 土砂災害危険箇所図(土石流危険渓流、急傾斜地崩壊危険箇所、地すべり危険箇所)
  • 土砂災害警戒区域・特別警戒区域図(土石流、がけ崩れ、地すべり)
  • 砂防関係指定地(砂防指定地,急傾斜崩壊危険区域,地すべり防止区域)
  • 洪水浸水想定区域図
  • 洪水浸水想定区域図(H22以前指定)
種別、範囲、形式を選択してダウンロードできます

これらの情報をまとめたリーフレット

このページをまとめたリーフレット(表)
このページをまとめたリーフレット(裏)