やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

職場定着支援助成金(個別企業助成コース)について

職場定着支援助成金(個別企業助成コース)が、平成28年4月1日から支給要件などが変更されています。

【 助成金の概要 】(パンフレットより)

雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入などを通じて従業員の離職率の低下に取り組む事業主に対して助成するもので、雇用管理改善を推進し、人材の定着・確保と、魅力ある職場の創出を目的としています。
また、介護事業主の場合は、介護福祉機器の導入や、介護労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備(職務、職責、職能、資格、勤続年数等に応じて階層的に定めるものの整備)などを通じて、介護労働者の離職率の低下に取り組んだ場合も助成の対象となります。

詳細は下記ホームページの資料をご覧いただき、労働局までお問い合わせください。