やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

事業所内保育施設

事業所内保育施設とは、企業等がその雇用する従業員等の子どもを対象に、事業所の中や近隣の場所に設置する保育施設のことです。

(ただし、定員の半数以下に限り「地域枠」として近隣の家庭からの受入など、上記以外の利用者を認めることができます。)

企業にとっては「人材の確保」「雇用の安定」「社会貢献によるPR効果」、また従業員にとっては「仕事と育児の両立」などさまざまなメリットが見込まれますので、ぜひご検討してみてください。複数事業所による共同設置も可能です!

 なお、運営費、設備費に掛かる助成金の管轄につきましては、平成28年4月1日より厚生労働省から内閣府子ども・子育て本部に移行し、多様な就労形態に対応した保育サービスの拡大を支援する「企業主導型保育事業」として実施されております。

詳細は内閣府のホームページはこちらをご覧ください。