やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

概要

徳島県立男女共同参画交流センターとは

男女がともに個性や能力を十分に発揮できる男女共同参画社会の実現を目指すための拠点施設です。
県民の方々の交流・活動の拠点として、仕事と家庭の両立支援、女性の再チャレンジ、配偶者からの暴力(DV)防止など様々な課題をテーマにした講座や講演会の開催、市町村や県民の実施する男女共同参画事業の情報をはじめとする各種情報収集・提供、図書資料の閲覧・貸出など幅広い機能を持っています。

また、平成22年6月1日から、徳島県立男女共同参画交流センター「フレアとくしま」は、ネーミングライツ制度(施設命名権の売却)を全館を対象に実施しております。

徳島県立男女共同参画交流センター ネーミングライツ制度のパートナー企業及び愛称
パートナー企業:株式会社 ときわ
期間:平成27年6月1日から平成32年5月31日まで
施設の愛称:ときわプラザ(男女共同参画交流センター)

6つの機能

  • 調査・研究機能
    男女共同参画社会実現のための調査・研究の実施や支援を行います。
  • 学習・研修機能
    各種講座・研修等の実施や人材の育成などを行います。
  • 相談機能
    総合相談や専門相談などを行います。
  • 情報提供機能
    情報の収集・提供や発信などを行います。
  • 交流機能
    交流機会の提供やグループ・団体等の交流・活動の支援を行います。
  • 子育て支援機能
    ときわプラザを利用する方の利便を図るため、お子さまの一時預かりを行います。

ときわプラザの指定管理者

※指定管理者制度とは
多様化する住民のニーズに効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間活力を導入し、県民のみなさんへのサービスの向上と経費の削減を図ることを目的として、平成15年6月の地方自治法の一部改正により新たに導入された制度です。
地方公共団体の指定を受ければ、「指定管理者」として「法人その他の団体」が管理を代行します。