やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

沿革

沿革
明治34年08月 創立、県庁内に事務局を設置
明治34年12月 名東郡斉津村(現徳島市津田町)に新庁舎を落成、移転
大正03年04月 県庁内に移転
大正10年04月 海部郡日和佐町、海部郡役所内に分場を設置
昭和02年03月 同分場を廃止
昭和17年09月 那賀郡橘町に新庁舎を建設し、県庁から移転
昭和20年05月 県庁内から県立水産学校(海部郡日和佐町)に移転
昭和23年08月 海部郡日和佐町〈弁財天〉に庁舎を新築、水産学校から移転
昭和32年04月 旧〈とくしま丸〉の代船〈とくしま丸〉を建造場内に庶務、増殖加工、漁ろうの3係を設置
昭和37年04月 小歩危養鱒場を水産課から移管
昭和37年07月 増殖加工係を増殖係と調査加工係に分離
昭和40年03月 鳴門市瀬戸町に鳴門分場を設置
昭和40年06月 本場の増殖、漁ろう、調査加工の3係を科に改める
昭和46年04月 本場の漁ろう科を海洋科に、調査加工科を調査科に改称
昭和46年09月 海部郡日和佐町(大浜)に新庁舎が落成,移転
昭和47年11月 小歩危養鱒場を小歩危淡水養魚場と改称
昭和48年04月 本場に病理科を新設
昭和59年02月 漁業指導船〈とくしま〉の代船漁業調査船〈とくしま〉建造
昭和63年04月 本場に資源科を新設 鳴門分場に調査科を移設、生産科を新設して、2科制とする
平成12年02月 漁業調査船「とくしま」(鋼船80トン、1,200馬力)竣工
平成12年03月 小歩危淡水養魚場閉鎖
平成13年03月 徳島県水産試験場廃止
平成13年04月 徳島県立農林水産総合技術センター水産研究所に改組、「科制」から「担当制」へ
平成17年04月 組織再編に伴い、徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所と名称変更
平成18年03月 鳴門庁舎改築完成
平成20年04月 総務担当、海洋生産技術担当、環境増養殖担当の3担当となる