やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

ゲートキーパー(自殺予防サポーター)とは!?

 全国の自殺者数は、平成24年に3万人を下回りましたが、以前多くの人が自殺により尊い命を無くしています。自殺の多くは、様々要因が複雑に関係して、心や体に不調をきたして起こる「追い込まれた末の死」です。自殺は決して、その人だけの問題ではなく、みんなで取り組む必要があります。「ゲートキーパー」とは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。

 ゲートキーパー(自殺予防サポーター)は、専門的な知識や技能が必要ではなく、悩みを抱えている人のために命の門番となるという意思さえあれば誰にでもできます。徳島県では、ゲートキーパーの研修講座の講師を派遣しています。ゲートキーパーについては、お問い合わせからご連絡ください。

ゲートキーパーとは、変化に気づき、耳を傾け話を聞き、支援につなげ、温かく見守る人のことです。

「死にたい」と打ち明けられたら…

  • 話をそらしたり、一方的に話さず、本人の話に耳を傾けましょう。
  • つらい状況に共感を示し、感情を理解し受け止めてください。
  • 本人を責めたり、叱咤激励したり、世間一般の常識を押しつけたりすることは避けましょう。
  • 「自殺をしない」と約束してもらうことは自殺予防に有効です。
  • 不眠や食欲の低下、気持ちの落ち込みなどの症状は、治療で良くなることを伝えましょう。
  • 十分に訴えを聴いたうえで、専門家に相談するよう勧めましょう。