文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい
徳島県ホームページへ(外部サイト,別ウィンドウで開く)

熱中症にご注意を!

5月に入り、日中は気温の高い日が増えてきました。

熱中症は、5月から多く発生する傾向があり、
気温や湿度が高い環境下で、体温調整の機能がうまく働かず、
体内に熱がこもってしまうことで起こります。

小さなこどもや高齢者、病気の方などは特に熱中症になりやすいため、
注意が必要です。
暑さを避け、水分補給などの「熱中症予防行動」を積極的に行い、
効果的な熱中症予防対策に心がけましょう。

・涼しい服装、日傘や帽子で暑さを避けましょう。

・のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう。

・部屋の温度に注意し、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

・熱中症警戒アラート発令中は外出をできるだけ控え暑さを避けましょう。


熱中症予防のポイントは、関連リンクを参考にしてください。

令和6年熱中症による県内の救急搬送人員(速報値)

Copyright©2012 Tokushima Prefectural Government. All Rights Reserved.