やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

(消費者の皆様へ)テイクアウト等における食中毒予防について

 新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、飲食店からのテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配)の利用が増えています。

 これからの季節は気温や湿度が上昇し、食中毒が発生しやすくなります。

 次のことに注意し、食中毒の発生を防ぎましょう。

テイクアウト・デリバリーをした食品を取り扱うときの注意点

□持ち帰るときは、暑い車の中に長時間置かない等、温度管理に注意しましょう。

□テイクアウトやデリバリーをした食品は、長時間放置せず、できるだけ早く食べましょう。

 食中毒菌が増えるのに適した温度は「約20℃~50℃」です。

 食品は、この温度帯に置かれる時間ができるだけ短くなるよう、保冷(できるだけ10℃以下)等をしてください。

□食べる前には、手洗いをしましょう。

□食べ残ししない量を考慮して注文し、1回の食事で食べきりましょう。

その他家庭でできる食中毒予防

徳島保健所のホームページにある「食中毒にご用心」をご参照ください。

https://www.pref.tokushima.lg.jp/tokuho/syokuhin/2004022500010/