やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

防除所の概要

沿革
明治36年 農商務省農事試験場四国支場(名東郡加茂名村,明治26年設立)廃止の後をうけ,徳島県農事試験場として開設。
明治41年 徳島県農事試験場を徳島県立農事試験場に改称。
大正11年 種芸部,化学部,菌虫部,園芸部,庶務係,会計係を設置。
昭和 2年 養鶏事業を種蓄場に移管。徳島県農業技術員養成所を併設。
昭和 8年 柑橘栽培試験地(勝浦郡生比奈村)を設置。
昭和13年 富岡試験地(那賀郡富岡町),池田試験地(三好郡池田町)を設置。本場の敷地,圃場の買収と増改築。昭和17年富岡試験地を富岡分場に,池田試験地を池田分場に改称。
昭和23年 大山果樹試験地(板野郡大山村)を設置。
昭和24年 徳島県農業技術員養成所を廃止し,徳島県農業講習所を設置。
昭和25年 久勝原種圃(阿波郡久勝村)を設置。
昭和26年 徳島県たばこ耕作技術員養成所を池田分場に併設。
昭和27年 板東園芸試験地(板野郡板東町),藍園そ菜試験地(板野郡藍園村)を設置。
昭和29年 板東園芸試験地を廃止。海部園芸試験地(海部郡川東村)を設置。
昭和30年 柑橘栽培試験地および大山果樹試験地を果樹試験場に移管。
昭和31年 筍栽培試験地(那賀郡橘町)を設置。
昭和32年 徳島県立農事試験場を徳島県農業試験場に改称し,組織を庶務係,作物科,園芸科,農芸化学科,病虫科,経営科とする。久勝原種圃を阿波原種農場に,藍園そ菜試験地を藍住園芸試験地に,海部園芸試験地を海南園芸試験地に,筍栽培試験地を橘筍栽培試験地に改称。
昭和38年 農業機械科を設置,藍住園芸試験地を藍住分場に改称。
昭和40年 橘筍試験地を阿南筍試験地に改称。
昭和41年 徳島県農業講習所,徳島県たばこ耕作技術員養成所を廃止し徳島県農業大学校農業分校,特用作物分校を設置。
昭和44年 管理科を設置,阿波原種農場を廃止,本場を名西郡石井町移転するため用地(129.194m2)を買収。
昭和45年 管理科を管理係に改称,富岡分場を阿南試験地に,藍住分場を藍住試験地に改称。
昭和46年 本場を名西郡石井町に新築移転。阿南試験地,藍住試験地を廃止。海南園芸試験地を海南分場に改称。
昭和47年 総務課(庶務係,管理係)を設置。
昭和50年 環境科を設置。
昭和54年 育種科を設置。
昭和55年 園芸科を廃止し,野菜科と花き科を設置。
昭和57年 池田分場を改築し整備拡充する。
昭和58年 徳島県農業試験場を徳島県立農業試験場に改称し農業機械センターを合併,機械研修係を設置。
昭和60年 農業機械科を廃止し,情報企画科を設置。
平成元年 池田分場に園芸科,特作科を設置。
平成 4年 機械研修係を廃止し,機械研修部門を農業大学校に移管。
平成 7年 21世紀型農業技術開発施設等整備事業による圃場,研究施設の整備完了。
平成10年 徳島県蚕業技術センターを合併,鴨島分場を設置。筍試験地を阿南市福井町中連に新築移転。
平成12年 鴨島分場評価係を廃止。
平成13年 組織改編により徳島県立農業試験場を廃止し,徳島県立農林水産総合技術センター農業研究所を設置。科を廃止して担当制とし、企画経営、プロジェクト、栽培育種、生産環境、病害虫、中山間、県南暖地の7担当とする。病害虫防除所を併設。
平成17年 組織再編により徳島県立農林水産総合技術センター,農業大学校,各農業改良普及センターが統合し,徳島県立農林水産総合技術支援センターが発足。これに伴い研究所の名称は徳島県立農林水産総合技術支援センター農業研究所となる。プロジェクト担当及び県南暖地担当を廃止。
平成18年 栽培育種担当を廃止し,野菜園芸担当,花き園芸担当,栽培システム担当を設置。
平成19年 栽培システム担当を企画経営担当に統合。
平成21年 野菜園芸担当と花き園芸担当を統合し,野菜・花き担当を設置。