やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成27年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果の概要

平成29年6月28日に総務省統計局から,平成27年国勢調査の従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果が公表されました。

これは,従業地・通学地による人口の構成や,現在住んでいる市区町村と通勤・通学先の市区町村との関係などを集計したもので,この結果によって,昼間人口や,昼夜間人口比率などを把握することができます。

【徳島県の昼間人口及び夜間人口について】

・平成27年10月1日現在の従業地・通学地による人口(昼間人口)は752,919人。常住地による人口(夜間人口)は,755,733人。

・昼間人口を市町村別にみると,徳島市が280,361人と最も多く,次いで,阿南市が73,827人となっており,最も少ないのは,上勝町の1,664人となっています。

・昼夜間人口比率は99.6。

・昼夜間人口比率を市町村別にみると,松茂町が108.7と最も高く,次いで,徳島市が108.4となっており,最も低いのは,佐那河内村の83.3となっています。

・その他詳細については,総務省統計局のHPをご欄ください。

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/index.htm(外部サイト)

<数値の見方>

・本文及び図表中の数値は,表章単位未満で四捨五入しています。