やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

業務の概要

普及指導活動の方針

 高度技術支援課は、県内全域を対象に、試験研究機関や農業支援センター、JA組織等の関係機関と連携して、高度な技術や新たに開発された技術の迅速かつ広域的な普及を図ります。

 また、各地域農業支援センターの普及課題の解決に向けた活動を支援するとともに、県全体および特定地域を対象に、特に重要性・緊急性が高い課題を「重点プロジェクト」として位置づけ、課題解決に向けた取り組みを実施します。

 課題設定に当たっては、「徳島県食料・農林水産業・農山漁村基本条例」および「新未来『創造』とくしま行動づくり」に基づき、専門的な高度技術支援の観点から産地振興につながる技術対策、経営、マーケティングを組み合わせた課題を設定するとともに、地域活性化に寄与する担い手育成や集落営農の組織化に向けて支援します。

活動体制

 高度技術支援課の組織構成は、総合窓口・企画研修担当、園芸担当、資源環境担当の3体制となってます。

総合窓口・企画研修担当

ワンストップ窓口とともに、作物、果樹、野菜の栽培技術や高度技術支援課全体業務の企画・調整を担当します。

園芸担当

果樹、野菜、花きの課題解決とともに、担い手育成、GAPなど担当しています。

資源環境担当

6次産業化、土づくり、畜産の高度専門的な課題解決に当たることを主担当とします。

また食品加工研修を通じて6次化に取り組む農業者等の育成に取り組んでいます。

普及課題整理表

活動の紹介(令和元年度)

技術情報

所在地 〒779-3233 徳島県名西郡石井町石井字石井1660