やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

管理栄養士

<管理栄養士>

保健福祉部
長寿いきがい課生涯健康室
係長

平成13年度採用

Q1.どのような仕事をしていますか?

 人生100年時代を迎え、年齢を重ねても健康で自分らしく活躍できる「笑顔とくしま・県民活躍」の実装に向け、要介護状態に陥る手前の段階ではあるものの、早期の対応で機能回復が可能とされる「フレイル(虚弱)」を予防するため、栄養・運動・社会参加の向上を一体的に推進する「地域ぐるみのフレイル予防」対策に取り組んでいます。

 高齢福祉分野への管理栄養士の配置は、全国的に珍しいですが、「多職種連携」と「地域が主役」をモットーに、日々の業務を通じて「食の大切さ」を発信しています。

Q2.どういったところにやりがいや魅力を感じていますか?

 私たち管理栄養士は、県民の皆様の「健康・医療・安全安心」を「食と栄養」の面からサポートする専門職です。

 少人数職種ではありますが、食を通じた健康づくりや、県立病院における栄養管理に加えて、最近では、保育・高齢福祉施策の推進から飲食店への衛生指導等に至るまで、ここ数年で専門性の幅とともに活躍の場も拡がっています。

Q3.徳島県職員を目指す方へメッセージをお願いします。

 「食べること」は「生きること」であり、生涯を通じて必要とされる仕事です。そして、何より、関係機関の皆さんとチームで取り組み、目標を達成できた時の喜びは、何ものにも代え難い財産となります。

 「食から徳島を元気に」を合い言葉に、「食」を通じて人と関わることに興味や関心を持って、ぜひ一緒に頑張りましょう!