やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

獣医師2

獣医師

<獣医師>

農林水産部
西部家畜保健衛生所
主任主事

平成23年度採用

Q1.どのような仕事をしていますか?

家畜保健衛生所では、家畜伝染性疾病の予防とまん延防止のために、農場へ立ち入り、微生物検査や病理解剖などを行い、その結果に基づき治療方針、飼養管理や消毒などの衛生指導を行っています。また、畜産物の生産性向上のためにビタミン検査や受精卵移植、農家採卵も実施しています。さらに、臨床獣医師が不足している地域においては診療業務も行っています。このように、畜産物の安全と家畜の健康、生産性向上のため、日々現場に出向き様々な業務を行っています。

Q2.どういったところにやりがいや魅力を感じていますか?

家畜の疾病は生産性に悪影響を与えるため、農家の経済的損失に直結します。また、病原体によっては家畜だけではなく人に感染するものもあります。そのため、家畜に異常がみられた場合は迅速な判断と対応が求められます。責任は重いですが、病気が治まり農家さんに「ありがとう」、「お世話になりました」と言ってもらえたときに一番やりがいを感じます。さらに、生産段階から食の安全に貢献できるということも魅力のひとつだと感じています。

Q3.徳島県職員を目指す方へメッセージをお願いします。

家畜保健衛生所の業務は広範囲ですが、日々新しい発見があります。大動物に興味がある皆さん、公務員獣医師も考えてみませんか?インターンシップも実施していますのでぜひ業務を体験してみてください。県外の方、女性の方も徳島県で働いてみませんか?私も県外出身で子育て中ですが、家庭と仕事ともに充実しています。皆さんと一緒に仕事ができる日をお待ちしています。