やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

総合土木1

<総合土木>

県土整備部
高規格道路課
主任

平成17年度採用

Q1.どのような仕事をしていますか?

 高規格道路課は、徳島県の道路網の将来あるべき姿の検討をはじめ、現在行っている事業を円滑に進めるために必要な予算の要求や、国土交通省への要望・調整を行うなど、道路整備の推進に携わっています。

 また、「徳島県自転車活用推進計画」を策定し、関係部局と連携して自転車に関するスポーツ振興・観光振興・安全教育の実施など、自転車施策の進捗を図るとともに、本県ならではの吉野川に架かる多種多様な橋梁を紹介する「橋の博物館とくしま」のPRなども行っています。

Q2.どういったところにやりがいや魅力を感じていますか?

 総合土木職の一番の魅力は、「成果が目に見えて分かる」ところだと思います。

 近年、頻発化・激甚化する豪雨や南海トラフ巨大地震など、あらゆる大規模災害に最前線で立ち向かう防災対策や災害復旧を担当するほか、日常の維持管理を確実に積み重ねるなど、県民の命と財産を守り、安全・安心で快適な暮らしを下支えする仕事に大きなやりがいを感じます。

 また、他部局への配属や国土交通省など他機関での勤務の機会もあり、幅広い知識の習得や多様な視点を養えるなど、自己研鑽に励むこともできます。

Q3.徳島県職員を目指す方へメッセージをお願いします。

 総合土木職は、公共インフラの整備や維持管理のみならず、その役割や効果のPRにも力を入れるなど、業務内容は多岐にわたり活躍の場も広がっています。

 これまでに習得した土木技術を活かしながら、仕事を通して新たな得意分野の発見や、様々な刺激を受けながら成長できる職場で、私たちと一緒に徳島県を創りませんか。