やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

獣医師

職務内容

獣医師職イメージ図1

食肉の安全性確保、東南アジアを中心とした牛肉などの海外輸出施設の衛生指導業務、動物愛護・管理業務に従事するほか、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)などの人と動物に共通する感染症に関する調査研究、野生鳥獣の適正管理や県内に流通する食品全般の衛生管理業務に従事します。

また、家畜伝染病の発生及びまん延防止や安全・安心な畜産物を提供するため、畜産農家への立ち入り検査や家畜伝染病サーベイランスのほか、動物用医薬品の監視指導や産業動物の診療等、畜産全般に係る総合的な指導業務に従事します。試験研究機関では、本県畜産ブランドである「阿波牛」、「阿波尾鶏」、「阿波とん豚」の生産振興やバイオテクノロジー等を活用した家畜改良、さらには畜産環境保全や自給飼料増産等に係る技術開発を行います。

獣医師職イメージ図2
 
獣医師職イメージ図3

主な配属先

<万代庁舎>
危機管理環境部消費者くらし安全局消費者くらし政策課・安全衛生課、農林水産部内関係各課

<その他の庁舎>
食肉衛生検査所、動物愛護管理センター、保健製薬環境センター、各保健所、家畜防疫衛生センター、農林水産総合技術支援センター畜産研究課

先輩職員の声

パンフレット

獣医師職パンフレット