文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

3.新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の方へのお願い

令和4年3月22日追記

徳島県における濃厚接触者の特定および行動制限について、オミクロン株の特性を踏まえて、次のとおり見直しました。

(1)同一世帯内で感染者が発生した場合

  • 保健所は、濃厚接触者を特定し、行動制限を求めます。
  • 待機期間は、原則7日間ですが、社会機能維持者か否かにかかわらず、4・5日目の抗原定性検査キットで陰性確認後、5日目から解除を可能とします。(7日間は、検温など健康状態の確認を行ってください。)

(2)事業所等で感染者が発生した場合

  • 保健所は、一律に濃厚接触者を特定し、行動制限を求めません。
  • 事業所等におかれましても、感染者と接触があったことのみを理由として、出勤を含む外出を制限する必要はありません。
  • 事業所等で感染者と接触があった方は、高齢者等との接触や感染リスクの高い行動を控えてください。

(3)入院医療機関、高齢者・障害児者施設で感染者が発生した場合

  • 保健所は、濃厚接触者を特定し、行動制限を求めます。
  • 濃厚接触者となった従事者は、待機期間中においても、一定の条件の下、感染防止対策を徹底した上で、毎日の検査による陰性確認によって、業務従事を可能とします。

(4)保育所、幼稚園、小学校等で感染者が発生した場合

  • 保健所は、マスク着用など基本的な感染対策の徹底が困難と考えられる、未就学児が 利用する保育所や幼稚園等について、濃厚接触者の特定や行動制限を求めます。
  • 濃厚接触者となった従事者は、待機期間中においても、一定の条件の下、感染防止対策を徹底した上で、毎日の検査による陰性確認によって、業務従事を可能とします。

(参考リンク)新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に関する対応について(徳島県ホームページ)

また、以下の資料については、上記内容に読み替えてください。


令和4(2022)年1月28日の国の方針を受け、新型コロナウイルス感染症に係る濃厚接触者の自宅待機の期間を7日間(8日目に解除)に短縮しました。

保健所から「濃厚接触者にあたる」と説明を受けた方は、最終暴露日(陽性者との接触等)を0日目として、7日間(8日目に解除)の自宅待機をお願いします。

(社会機能を維持するために必要な事業に従事する方(エッセンシャルワーカー)は、2日にわたる検査を組み合わせることで、5日目に解除できることがあります。)

なお、検温などご自身の健康観察は、10日目まで毎日行ってください。

新型コロナウイルス感染症の潜伏期間から、新型コロナウイルス感染症患者と接触があった日の翌日から10日間は、発症する可能性があります。この間に受けたPCR検査の結果が陰性であっても健康観察が必要です。あなたの周りの人を守るためにも感染拡大防止に向けた取組みにご協力をお願いします。

<参考通知>

濃厚接触者とは

 濃厚接触者は、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、あるいは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。
新型コロナウイルス感染者から、ウイルスがうつる可能性がある期間に接触のあった方々について、関係性、接触の程度などについて、保健所が調査(積極的疫学調査)を行い、個別に濃厚接触者に該当するかどうか判断します。

<濃厚接触者の定義(国立感染症研究所「積極的疫学調査実施要領」より)>

  • 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
  • 適切な感染防護なしに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
  • 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
  • その他: 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。

※上記に該当しない場合でも、接触状況により濃厚接触者とされることがあります。

生活上の注意点

(1)最終暴露日(陽性者との接触等)を0日目として、7日間(8日目に解除)の自宅待機をお願いします。

ただし、ご自身の健康観察は10日目まで毎日行ってください。

  • <観察すべき症状>
    • 体温測定(1日2回朝夕と、体調に変化を感じたときに測定してください。)
    • 呼吸器症状(咳、呼吸困難、鼻汁・鼻閉、咽頭痛)
    • 消化器症状(嘔気・嘔吐、下痢)
    • 味覚・嗅覚障害
    • その他(結膜充血、頭痛、全身倦怠感、関節筋肉痛)

※健康観察期間中に症状が出現した場合は、保健所までご連絡ください。高齢者や基礎疾患のある方、妊娠中の方は、お早めにご相談ください。また、非常に体調が悪い場合は、119番で救急要請してください。

連絡先:088-602-8950(平日8:30~18:15),0570-200-218(夜間休日)

※健康観察期間について

例)患者の感染可能期間の最終接触が1月15日の場合、健康観察終了日は1月25日になります(最終接触日を0日として計算)。

(2) 不要不急の外出を控えてください。

食料品などの買い物のための外出は必要最低限とし、買い物の際は人混みを避け、短時間で済ませるようにしましょう(自宅以外のトイレは、使用しないようにしましょう)。
また、「マスクの着用」と「手指消毒の徹底」をお願いします。
外出時も人との接触は避けてください。

(3)公共交通機関(不特定多数が利用するバス・汽車・タクシー・飛行機など)は使用しないでください。

(4)濃厚接触者同士も接触を控え,共有フロアではマスクを着用しましょう。

食事は時間帯や食事場所を変えるなどして、各自でとるようにましょう。
※症状がないからと言って油断しないでください!!

(5)共有物(スイッチ・リモコン・ドアノブなど)やトイレの消毒を行いましょう。

トイレおよび高頻度接触面(よく触るところ)は、こまめにアルコールや次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)で消毒しましょう。

  • <消毒薬について>
    • アルコール:70%以上の濃度のものを使用してください。
    • 次亜塩素酸ナトリウム:濃度0.05%に薄めた上で使用し、拭いた後は水拭きを行ってください。

(6)お部屋の換気をしましょう。

共有スペースや他の部屋も定期的に窓を開けて換気をしてください。

(7)体液を含むゴミは、ビニール袋で密閉して捨てましょう。

鼻をかんだティッシュなどはすぐにビニール袋に入れ、室外に出す時は密閉して捨てるようにしましょう。その後の手洗いも忘れずに行いましょう。

家庭でできる新型コロナウイルス対策

徳島保健所で動画を作成しましたのでご覧ください。

家庭でできる新型コロナウイルス対策【基本編】

家庭でできる新型コロナウイルス対策【基本編】動画タイトル画像、以下のURLのリンクテキストにアクセスして閲覧

https://youtu.be/UFOS-5u5MqE(外部サイト:Youtube)

家庭でできる新型コロナウイルス対策【家庭に感染の疑わしい方がいる場合編】

家庭でできる新型コロナウイルス対策【家庭に感染の疑わしい方がいる場合編】動画タイトル画像、以下のURLリンクテキストにアクセスして閲覧

https://youtu.be/RIUxLp6p9WA(外部サイト:Youtube)

家庭内で注意いただきたい8つのポイント

よくある質問

Q1洗濯はどうしたら良いですか?

A 目に見える汚れがなければ、通常通りに洗濯していただいてかまいません。便や尿など体液が付着してしまった場合は手袋・マスクを着用し、次亜塩素酸ナトリウムで衣類を消毒してから洗濯するようにしてください。体液による汚れがひどい場合は、2重にしたビニール袋で密閉して捨てるようにしてください。

Q2お風呂はどうしたら良いですか?

A 入浴は家族の一番最後に入るようにし、入浴後は換気とお風呂用洗剤による清掃を行うようにしてください。家族とタオルの共有は行わないようにしましょう。

Q3家族が濃厚接触者になったのですが、同居する家族も仕事や学校を休まなければいけないのでしょうか?

A濃厚接触者の同居家族に行動制限はありません。仕事や学校に行っていただいてもかまいません。ただ、発熱や咳などの症状がある場合は出勤・登校を控えてください。

Q4陰性証明書を発行して欲しい。

A行政検査でのPCR検査の場合、陰性証明書を発行しておりません。

Q5部屋の消毒は、どうしたら良いですか?

A下記の資料を参考に消毒を行ってください。

その他