やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県こうのとり応援事業(不妊治療費助成事業)について

徳島県こうのとり応援事業の概要

~特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要した費用の一部を助成します。~

徳島県では、不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されず高額の医療費がかかる配偶者間の不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

1 対象者

次の全てに該当する方が対象です。

  1. 治療開始日現在、法律上の婚姻をしている夫婦であること
  2. 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦であること
  3. 申請日現在、夫又は妻のどちらかが徳島県内に居住していること
  4. 特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断されたこと
  5. 徳島県又は各都道府県・指定都市・中核市が指定した指定医療機関で特定不妊治療を受けたこと
  6. 夫婦の前年(申請日が1月から5月までの場合は前々年)の合計所得額(控除後)が730万円未満であること

2 対象となる治療等

体外受精及び顕微授精

※医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中止した場合についても、卵胞が発育しない等により卵子採取以前に中止した場合を除き、助成の対象とします。

※夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療や、代理母、借り腹による治療は助成の対象となりません。

3 助成上限額

特定不妊治療に要した費用(全て医療保険適用外のものに限る)に対して、1回の治療につき次の金額を上限として助成します。

なお,「1回の治療」とは,採卵準備のための投薬開始から,体外受精又は顕微授精1回に至る治療の過程をさします。

○治療ステージA、B、D、E(初回申請の場合):30万円

○治療ステージA、B、D、E(2回目以降の申請の場合):15万円

○治療ステージC、F:7万5千円※治療ステージC、Fの場合は、初回申請であっても同額の7万5千円が上限額になります。

○特定不妊治療(治療ステージA、B、D、E、F)のうち精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)を行った場合:

さらに(初回申請の場合):30万円

(2回目以降申請の場合):15万円

※医療保険適用外の手術費用、凍結費用が対象です。

※前年度中に実施した男性不妊治療も対象となります。(特定不妊治療が今年度終了した場合)

※採卵準備前に男性不妊治療を行ったが、精子が得られない、又は状態のよい精子が得られないため治療を中止した場合に限り、男性不妊治療のみでも助成の対象となります。

さらに徳島県では、次のとおり上乗せ助成を行っています。

●治療ステージAで余剰胚を凍結保存した場合の胚凍結保存料、又は治療ステージBにかかる胚保存料に対して:1年度当たり1回限り3万円

●精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)後に、全てあるいは余剰の精子や精巣組織の凍結保存をした場合、精子や精巣組織の保存料に対して:1年度当たり1回限り3万円

4 助成の申請

治療が終了した日の属する年度内に、居住地を管轄する保健所に申請してください。

(徳島市・鳴門市・小松島市・勝浦町・上勝町・佐那河内村・石井町・神山町・松茂町・北島町・藍住町・板野町・上板町にお住まいの方は徳島保健所)

※十分ご注意ください!!年度とは、4月1日から翌年の3月31日までの期間をさします。

*平成31年度申請書の提出期限*

平成31年度中(平成31年4月1日~平成32年3月31日)に終了した治療に関しては、平成32年3月31日(火)が申請期限となります。

なお、医療機関の証明書が間に合わないなど年度内の申請が困難な場合の受付期限は、平成32年4月3日(金)です。

申請期限を過ぎたものは受け付けることができませんので、ご注意ください。

5 申請書類

平成31年度から、個人番号(マイナンバー)の提示により、住民票及び所得・課税証明書の提出が省略可能となりました。

※申請時に、個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カード及び本人証明書(運転免許証等)をお持ちください。

※申請時には、夫婦それぞれの個人番号(マイナンバー)が必要です。

申請書類については、こちら(徳島県こうのとり応援事業(不妊治療費助成事業)について)からダウンロードしてください。