やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

基本情報

場所

佐那河内村上字野大原

自然環境概要

水源
渓流取水 

生態系
植物:アゼムシロ、アゼトウガラシ、オギノツメ
動物:キイトトンボ、ホソミイトトンボ 

景観
本棚田は、山間の中腹にあり、棚田は数段にわたり高く積みあげられており、高低差が大きい。畦畔は大部分がコンクリート化されている。標高の低い所にある一枚あたりの棚田の面積は比較的大きいが、上にいくにつれて棚田の面積が小さくなっている。 
 

生産環境概要

概況

<平均勾配>
1/8.8 

<法面構造>
石積み 

営農状況

<総面積>
0.8ha 

<作付け面積>
0.72ha 

<耕作状況>
営農作物は水稲に加え、すだち、みかん、菜の花等を作っているが、地形上の制約から大型機械の導入が難しく、また、一部湿田もあり、耕作にかんして多大な労力がかかっている。 

<鳥獣害被害の状況とその対策>
なし 

管理状況

<管理組織>
府能用水組合 

<管理方法>
畦畔の草刈りや水路清掃等については田植え前に行うのみである。その他、災害後等に必要に応じて管理を行っている。 

<周辺土地改良施設の状況>
台風及び豪雨の際、石、砂利が管水路につまり、修理に経費がかかる。 

社会環境概要

地域開発の歴史
昔、用水を建設する際、夜中に松明を燃やして、対岸から勾配を見て指示を出していたといわれる。また、江戸時代には、蜂須賀公への献上米が作られていた。 

祭り・イベント
特になし 

アクセス方法
佐那河内村役場から国道38号線を西に出て、仁井田西バス停まで4km進む。 

写真

地図