やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

すだち

「すだち」の特徴

徳島生まれの「すだち」は全国シェアはほぼ100パーセント。
名実ともに徳島県を代表する果実が「すだち」です。
「すだち」の花は徳島県の花にも指定されており、その実は独特の「さわやかな酸味」と「すがすがしい香り」で古くから愛されてきました。
3月中旬から8月中旬にかけてハウス栽培ものが出荷され、それ以降は露地栽培ものが出荷されます。最近では貯蔵技術が良くなったため、1年を通しておいしいすだちがお届けできるようになりました。

すだちの果実
収穫間近のすだち園

「すだち」を使おう!

(しぼって使う)
「すだち」を横に二つ切りにして、いろいろな料理(刺身・焼き魚・豆腐料理)にしぼりかけます。
(すって使う)
よく水洗いした「すだち」を皮のまま擦り、つけ汁に加えたり、わさびに混ぜても風味が出ておいしくいただけます。

「すだち」の栄養

「すだち」はクエン酸が多く含まれています。クエン酸は、エネルギー代謝において中心的な働きをしていますので、疲労回復を助けます。
また、近年の研究において、「すだち」の「しぼりかす」から作った「スダチパウダー」に血糖値上昇抑制効果があることがわかり、サプリメントとしても注目されています。

出荷時期

出荷時期

主な産地

すだちくんによる紹介動画はこちら