やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

なると金時

「なると金時」の特徴

「なると金時」は、徳島県農産物を代表するトップブランドのひとつです。

徳島県の温暖な気候と、吉野川の恵みがもたらした良質の砂地畑で育てられています。

ずっしりとした太り具合で形も良く、鮮やかな紅色の皮を持ち、ほくほくとした食感と、上品な甘みが人気。

ビタミンCやビタミンB1、食物繊維が豊富な食材としても全国的に知られています。

定番の焼き芋はもちろん、天ぷらにしてもおいしく、和菓子や洋菓子の材料にも最適。

子供から大人まで幅広く支持されています。

なると金時
なると金時の畑

「なると金時」を食べよう!

ふかして良し、焼いて良し、料理の素材に使って良し。
他の産地には真似できない甘さと、ほっこりとした食感。
全国で数多く栽培されているサツマイモの中でも最高傑作と呼び声が高い「なると金時」です。

「なると金時」の効果(色鮮やかな「なると金時」は栄養価も満点!)

「なると金時」の主成分は炭水化物ですが、米や小麦に比べてカロリーは三分の一と少なく、カリウムを多く含み、他のイモ類と比べても繊維質やビタミンC、カロテンが多いことや、そのおいしさから人気があります。
カリウムは、ナトリウムの排出を促す働きがあります。

出荷時期

出荷時期

主な産地

すだちくんによる紹介動画はこちら