やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

養殖あゆ

「養殖あゆ」の特徴

旬を感じさせる夏の味覚として知られるあゆは、優美な姿と独特の香りから「川魚の女王」と呼ばれています。
きれいな川にしか生息できないといわれていますが、徳島県では吉野川や那賀川流域の地下水を利用して、あゆの養殖を行っています。
徳島県の養殖あゆ生産量は全国有数で、6月から8月にかけて鮮魚で出荷されます。
料理方法としては塩焼きが有名ですが、天ぷらや田楽など、いろいろと楽しめます。
あゆの風味を生かすならば、雑炊や炊き込みごはんなどもおすすめです。

出荷盛期

主な産地