やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい
まったなし住まいの耐震化

耐震スーパーバイザーの募集

更新履歴

よくある質問を追加(2018年1月22日)


徳島県では、木造住宅の耐震化を一層促進するため、耐震診断から耐震改修まで一貫して実施できる徳島ならではの優良な事業所を「徳島県木造住宅耐震スーパーバイザー(耐震スーパーバイザー)」として認定する県独自の制度を創設しました。

このたび、耐震スーパーバイザーとなる事業所を募集します。

耐震スーパーバイザーの役割

「耐震スーパーバイザー」には、木造住宅の耐震化を一層促進させる活動が期待されます。

具体的な責務は次のとおりです。

  • 県民が不安や不満をいだかぬよう、誠意を持った良心的な対応で業務を履行する
  • エシカル消費に視点をおいた工法(例えば県産材利用、低コスト工法など)を採用する
  • 耐震診断に併せて、耐震改修工事の概算見積書を作成し提出する
  • 県が指定する講習会や、事例報告会等で事例報告を行う
  • 耐震改修等の実績が年間5件以上ある

応募期間

平成30年1月15日(月曜)から平成30年2月15日(木曜)まで・・必着

応募資格

単独の場合

耐震診断の実施が可能で、平成28年度又は平成29年度のいずれかの年度で、耐震改修等の実績が5件以上あること

単独の要件

共同の場合

平成28年度又は29年度のいずれかの年度で、耐震診断の実績が合わせて10件以上かつ耐震改修等の実績が合わせて2件以上あること

共同の要件

応募方法

提出書類

郵送又は持参にて、次の書類を提出してください。

提出先・お問い合わせ

徳島県住宅課建築指導室・耐震化担当(県庁7階)

住所/〒770-8570徳島市万代町1丁目1番地

電話/088-621-2613、088-621-2598

ファクシミリ/088-621-2871

スケジュール

2月/申請事項の審査

3月/県ホームページ等で公表

4月以降/優良事業所として紹介

関係書類

よくある質問

Q1

同一営業所内で、工務店(法人)と建築士事務所(個人登録)が業務を行っています。

この場合、耐震診断の実績を工務店(法人)としての実績として、単独での応募は可能でしょうか。

A1

法人と個人であるため、同一事業所とは扱えません。

この場合、同一営業所内にある工務店(法人)と建築士事務所(個人登録)の2者で、共同での要件を満たせば、共同での応募が可能です。

なお、次の場合は同一事業所と扱いますので、単独での要件を満たせば、単独での応募が可能です。

・工務店(法人)と建築士事務所(同一の法人で登録)

・工務店(個人)と建築士事務所(同一の個人で登録)

(2018年1月22日)

Q2

補強計画の実績を、耐震診断の実績としてよいでしょうか。

A2

補強計画の実績を、耐震診断の実績とは扱えません。

(2018年1月22日)