やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

種苗法(登録品種)について

 種苗法は,法に基づき登録された登録品種と,それを育成した育成者権者の権利を守り,

 品種の育成を促進するための法律です。

登録品種の取扱いについて

○登録品種の種苗を利用する際には,種苗法はもとより,育成者権者が定めたルールにも従う必要があります。

 種苗を購入する際に利用条件をよく確認してください。

○徳島県が育成した登録品種は,県内生産者のみ栽培が可能です。

 また,種苗を海外へ持ち出すことも種苗法に基づき禁止しています。

○在来種や品種登録されたことのない品種,育成者権存続期間が切れた品種などの一般品種では,

 種苗の利用に制限はありません。

改正種苗法について

1.改正の主旨

 近年,日本で開発された優良品種が海外に流出し,第三国に輸出され,産地化されるなど,日本からの輸出をはじめ,国内農業の発展に支障が生じる事態が発生していることから,育成者権者の意思に応じて,登録品種の海外流出防止等の措置を可能とすることにより,優良品種の持続的な利用を確保しようとするものです。

2.主な改正の内容

1.令和3年4月1日施行
(1)登録品種の海外持出制限と国内の栽培地域指定

 育成者権者が品種登録出願時に輸出先国や国内の栽培地域の利用条件を付すことで,栽培を制限する。

(2)登録品種の表示の義務化

 登録品種の種苗を譲渡や販売する場合,登録品種である旨及び輸出制限や栽培地域の制限がある場合の表示義務が課せられる。

2.令和4年4月1日施行
(1)登録品種の自家増殖の許諾

 農業者による登録品種の自家増殖は,育成者権者の許諾が必要となる。

※詳細は,農林水産省ホームページに資料が掲載されています。
農林水産省ホームページのリンク
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/syubyouhou/

徳島県が開発した登録品種の海外持出制限に関する取扱いについて

 次の品種登録について,海外への種苗の持出しを禁止します。

 種苗生産者や流通業者におかれては,これらの登録品種の種苗を譲渡や販売する際は,

「登録品種である旨」及び「輸出制限がある旨」を適切に表示してください。

 種苗購入者(農業者等)の方も種苗を海外に持ち出すことのないよう,十分にご注意ください。

__________________________________________________________

海外持出禁止の登録品種一覧
農林水産物の種類 品種の名称
かんきつ(すだち) 徳島3X1号
かんきつ 阿波すず香
たらのき 阿波の銀次郎
いちご サマーアミーゴ
いちご 阿波ほうべに
ふき あわ春香
はす(れんこん) 阿波白秀

__________________________________________________________

【関連サイト】

農林水産省品種登録ホームページ輸出先国の制限(登録品種)の公表(令和3年6月22日官報告示第1065号)(外部リンク)