やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい
全624件 1.099秒
テーマ
県政情報(全293件)
一般の方(全128件)
カテゴリー
その他 (全128件)
調査・資料 (全50件)
イベント・講座 (全10件)
募集 (全9件)
産業・雇用・労働 (全8件)
2017年9月29日 テーマ:地方創生・市町村・地域づくり,地方創生局地方創生推進課 カテゴリー:その他
人口減少・超高齢社会」の到来に対する危機感が一段と高まる中、“人口減少の克服”と“東京一極集中の是正”による「地方創生」が国・地方の最重要課題となっており、その取組みの成否が、本県や我が国の持続的な成長・発展の大きな鍵を握るものと考えていることから、徳
人口減少の克服」や「東京一極集中の是正」を目指し、国を挙げて取り組む「地方創生」の先導役を担っているところである。○ 「地方創生の旗手」として、これまでの取組みをもう一段高い次元へと進化させ、県民の皆様に「新未来とくしま」を実感していただくため、「地方創生“挙県一致”協議会」やSNS、パブリックコメ
添付ファイル とくしま人口ビジョン(1/2) (PDF:5 MB)
人口の現状と将来展望を提示した「とくしま人口ビジョン」と、その実現に向けたスタートダッシュとなる平成27年度から5年間(H27~H31年度)の具体的な施策を盛り込んだ「vs東京『とくしま回帰』総合戦略」を平成27年7月に策定いたしました。「総合戦略」の推進に当たっては、「4つの基本目標」のもとに、具
人口減少」と「東京一極集中」に一刻も早く歯止めをかけるためには、国・地方を挙げて、「地方創生」を強力に推進することが不可欠です。「地方創生“挙県一致”協議会」は、平成27年1月の発足以来、産学官金労言が一体となり、「vs東京『とくしま回帰』総合戦略」の策定・実践をはじめ、徳島ならではの「地方創生」に
島県貿易・国際事業実態調査、中小企業分)10 年間の延べ宿泊者数10 県内への外国人延べ宿泊者数14 周産期死亡率26 三大疾病による壮年期死亡率(壮年期人口10万対)26 がんの75歳未満年齢調整死亡率(人口10万対)(参考)数値目標(KPI)において、暦年により集計しているものは次のとおりです。
添付ファイル とくしま人口ビジョン(2/2) (PDF:4 MB)
人口ビジョンとくしま人口ビジョンとくしま人口ビジョン1~はじめに~「とくしま人口ビジョン」は、国の「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」(以下「国の長期ビジョン」という。)を勘案しつつ、国から提供のあった「地域経済分析システム(RESAS)」のデータなどを十分に活用しながら、本県における人口の現状を
2017年8月23日 テーマ:自然・環境,報道提供資料,統計,リサイクル・廃棄物,水道・下水道,水・環境課 カテゴリー:調査・資料,県土整備部
人口普及率の状況 2017年8月23日 汚水処理人口普及率の状況 都道府県別の汚水処理人口の普及状況をみてみると、平成28年度末の汚水処理人口普及率は、全国平均の90.4%に対して、徳島県は58.9%となっています。こちらのページでは、平成28年度末の処理施設別、都道府県別と県内市町村別の汚水処理人
添付ファイル H28末市町村別一覧表 (PDF:122 KB)
人口 汚水処理 H24末 H24末 H24末 H24末 住宅用途 H24末 H24末 H24末コード H25.3.31現在 H25.3.31現在 汚水処理人口 人口普及率 下水道 下水道 H24末 H24末 H24末 H24末 農排等 農排等 浄化槽 浄化槽設置 民間設置 合併処理 浄化槽 コミプ
添付ファイル H27末市町村別一覧表 (PDF:106 KB)
人口 汚水処理 H25末 H25末 H25末 H25末 住宅用途 H25末 H25末 H25末コード H26.3.31現在 H26.3.31現在 汚水処理人口 人口普及率 下水道 下水道 H25末 H25末 H25末 H25末 農排等 農排等 浄化槽 浄化槽設置 民間設置 合併処理 浄化槽 コミプ
添付ファイル H26末市町村別一覧表 (PDF:121 KB)
人口 汚水処理 H26末 H26末 H26末 H26末 住宅用途 H26末 H26末 H26末コード H27.3.31現在 H27.3.31現在 汚水処理人口 人口普及率 下水道 下水道 H26末 H26末 H26末 H26末 農排等 農排等 浄化槽 浄化槽設置 民間設置 合併処理 浄化槽 コミプ
添付ファイル H25末市町村別一覧表 (PDF:75 KB)
人口 汚水処理 H27末 H27末 H27末 H27末 住宅用途 H27末 H27末 H27末コード H28.3.31現在 H28.3.31現在 汚水処理人口 人口普及率 下水道 下水道 H27末 H27末 H27末 H27末 農排等 農排等 浄化槽 浄化槽設置 民間設置 合併処理 浄化槽 コミプ
添付ファイル H24末市町村別一覧表 (PDF:75 KB)
人口 汚水処理 H28末 H28末 H28末 H28末 住宅用途 H28末 H28末 H28末コード H29.3.31現在 H29.3.31現在 汚水処理人口 人口普及率 下水道 下水道 H28末 H28末 H28末 H28末 農排等 農排等 浄化槽 浄化槽設置 民間設置 合併処理 浄化槽 コミプ
添付ファイル H29汚水処理普及啓発チラシ (PDF:715 KB)
人口普及率徳島県では、川や海の水質保全と生活環境改善を図るため、下水道の他、集落排水施設、合併処理浄化槽などの汚水処理施設の整備を積極的に推進しています。現在、これら汚水処理施設の普及率は、前年より1.6ポイント増加して、58.9%になっています。下水道17.8%集落排水施設2.7%その他1.0%◆
添付ファイル H28末市町村別グラフ (PDF:60 KB)
人口普及率(平成24年度末)30.3%28.6%46.7%25.5%8.0%6.6%8.4%22.2%6.8%2.5%16.2%21.8%15.5%16.3%81.4%10.9%34.1%5.3%10.1%7.3%8.8%8.4%12.2%5.2%4.0%11.3%39.2%25.4%32.5%8.
添付ファイル H27末市町村別グラフ (PDF:85 KB)
0% 100.0%佐那河内村徳島市松茂町那賀町吉野川市海陽町上板町藍住町北島町牟岐町美馬市阿波市石井町つるぎ町三好市勝浦町板野町阿南市鳴門市東みよし町神山町美波町上勝町小松島市県 計徳島県市町村別汚水処理人口普及率(平成25年度末)下水道 農業集落排水施設等 合併処理浄化槽 コミュニテイ・プラント
添付ファイル H25末市町村別グラフ (PDF:49 KB)
0% 100.0%佐那河内村徳島市松茂町吉野川市那賀町海陽町藍住町北島町上板町阿波市牟岐町石井町美馬市勝浦町三好市つるぎ町板野町鳴門市東みよし町阿南市神山町上勝町美波町小松島市県 計徳島県市町村別汚水処理人口普及率(平成27年度末)下水道 農業集落排水施設等 合併処理浄化槽 コミュニテイ・プラント
添付ファイル H24末市町村別グラフ (PDF:41 KB)
0.0% 100.0%佐那河内村松茂町徳島市吉野川市那賀町海陽町藍住町北島町上板町牟岐町阿波市石井町三好市板野町勝浦町美馬市つるぎ町鳴門市阿南市東みよし町上勝町神山町美波町小松島市県徳島県市町村別汚水処理人口普及率(平成28年度末)下水道 農業集落排水施設等 合併処理浄化槽 コミュニテイ・プラント
添付ファイル H28末都道府県別一覧表 (PDF:178 KB)
人口 汚水処理 農業集落 合併処理 うち うち うち コミュニティ都道府県名 順位 総人口 下 水 道 浄化槽市町 浄化槽設置普及率 人口 計 排水施設等 浄化槽 村整備推進 左記以外分 ・プラント事業等分 整備事業分(千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (
添付ファイル H27末都道府県別一覧表 (PDF:190 KB)
人口 汚水処理 農業集落 合併処理 うち うち うち コミュニティ都道府県名 総人口 下 水 道 浄化槽市町 浄化槽設置普及率 人口 計 排水施設等 浄化槽 村整備推進 左記以外分 ・プラント事業等分 整備事業分(千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人)
添付ファイル H26末都道府県別一覧表 (PDF:152 KB)
人口 汚水処理 農業集落 合併処理 うち うち うち コミュニティ都道府県名 総人口 下 水 道 浄化槽市町 浄化槽設置普及率 人口 計 排水施設等 浄化槽 村整備推進 左記以外分 ・プラント事業等分 整備事業分(千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人) (千人)
添付ファイル H24末都道府県別一覧表 (PDF:107 KB)
人口 汚水処理 農業集落 合併処理 うち うち うち コミュニティ都道府県名 総人口 下 水 道 浄化槽市町 浄化槽設置普及率 H28.3.31現在 人口 計 排水施設等 浄化槽 村整備推進 左記以外分 ・プラント(住民基本台帳人口) 事業等分 整備事業分(千人) (千人) (千人) (千人) (千
添付ファイル H28末都道府県別グラフ (PDF:62 KB)
県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県全国計都道府県別 汚水処理人口普及率(平成27年度末)下水道 農業集落排水施設等 合併処理浄化槽 コミュニティープラント全国の汚水処理人口普及率:89.9%
添付ファイル H27末都道府県別グラフ (PDF:136 KB)
重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県全国計都道府県別汚水処理人口普及率(平成28年度末)下水道 農業集落排水施設等 合併処理浄化槽 コミュニティープラント全国の汚水処理人口普及率:90.4%
添付ファイル H26末都道府県別グラフ (PDF:121 KB)
人口普及率(平成24年度末)87.3%96.1%80.9%92.3%89.9%74.4%80.8%66.1%78.2%72.2%77.9%73.9%78.4%74.0%76.1%70.5%70.7%70.3%61.7%60.8%64.2%62.9%62.1%67.5%55.0%48.0%58.4%6
添付ファイル H25末都道府県別グラフ (PDF:68 KB)
県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県全国計都道府県別 汚水処理人口普及率(平成25年度末)下水道 農業集落排水施設等 合併処理浄化槽 コミュニティープラント
2017年8月14日 テーマ:政策提言,総合政策課 カテゴリー:
海部地区12%浅川地区5%川東地区4%海陽町津波避難計画(H26.3)避難困難者数の割合 【合同現地調査を実施(H29.6)】津波想定区域海陽町宍喰地区国道55号海部道路ルート帯 地域防災公園地域防災公園計画地レーザーダイオード専門の生産棟を新設!※メーカー提供H31年度完成予定提言② 安全・安心
添付ファイル 提言書(項目2~4) (PDF:4 MB)
人口増減率(H22年~27年) (平成27年国勢調査より)明治5年 平成29年東京 1位 ⇒ 1位大阪 2位 ⇒ 3位京都 3位 ⇒ 9位名古屋 4位 ⇒ 4位横浜 6位 ⇒ 2位広島 7位 ⇒11位神戸 8位 ⇒ 7位仙台 9位 ⇒12位未開通都市は・・・金沢 5位 ⇒35位徳島 10位 ⇒88位
添付ファイル 提言書(項目5~7・裏表紙) (PDF:3 MB)
人口の減少若者の流出13【課題解決への方向性と処方箋】【徳島発の政策提言】 ・ 消費者問題の解決に向けた地方の先駆的な取組みを支援するため, 十分な財源措置を講ずること。 ■ 「消費者行政新未来創造オフィス」の活動を充実させ,国民への周知や, 移転の加速に向け必要な環境整備を着実に推進する必要がある
2017年5月23日 テーマ:総合計画,総合政策課 カテゴリー:くらし・環境・地方創生,健康・医療・福祉,教育・文化・観光,産業・雇用・労働,県土づくり,防災・安全
人口減少社会の到来やグローバル化の進展など、本県を取り巻く環境が大きく変化する中、本県の現状や今後の課題を的確に把握したうえで、「徳島の目指すべき将来像」を県民と共有し、その実現に向けた道筋を示す「長期ビジョン編」・「長期ビジョン編」を踏まえ、手の届く未来である「10年程度先」を見据えた「近未来の成
2017年5月19日 テーマ:政策提言,総合政策課 カテゴリー:
添付ファイル 提言書vol.2(P1~P10).pdf (PDF:2 MB)
人口・財産が集中しており,津波による被災リスクが高い。 ■ 「設計津波(L1)の水位」より低い海岸堤防の割合が高く,特に 県南部では,避難時間を確保するための高さすら満足できていない海岸が多い。 ■ 多大な時間と多額の費用を要する地震・津波対策については, 「全国防災事業」の終了に伴い,整備の進度に
添付ファイル 提言書vol.4(P21~P30).pdf (PDF:3 MB)
人口減少克服 ・ 学校を核として,学校と地域の協働により地域力を強化する取組を推進県担当課名 教育創生課,施設整備課,学校教育課関係法令等 学校教育法施行規則,高等学校設置基準,学習指導要領 ■ 専門高校においては,それぞれの専門性の向上を図るための教育に加えて,地 域の「宝」である農林水産物を活用
添付ファイル 提言書vol.6(P41~P50).pdf (PDF:2 MB)
人口減少」の克服と「東京一極集中」を是正し,「一億総活躍社会」を実現するためには,地方独自の創意工夫とチャレンジ精神による取組みとともに,国・地方の連携・協力のもと,課題解決の処方箋となる「新たな制度創設」や「実証実験・モデル事業」の展開などを積極果敢に実行していくことが必要であります。そこで,この
添付ファイル 提言書vol.8(P61~P70).pdf (PDF:2 MB)
人口に置き換えると, アルコール依存症者は約6,500人(男性約5,600人,女性約900人), ギャンブル依存症者は約31,000人(男性約25,000人,女性約6,000人) と推計されるが,実態から多くの依存症者が相談・治療につながっていない。■ 依存症は「誰もがなり得る病気である」が,正しい
添付ファイル 提言書vol.10(P81~P90).pdf (PDF:3 MB)
人口に占める65歳以上の割合と耕作放棄率の推移県全体耕作放棄率 中山間耕作放棄率県全体高齢者の割合 中山間高齢者の割合65歳割合(%) 放棄率(%)直面する課題■ 本県において中山間地域は耕地面積の5割,農業粗生産額の4割を占める重要な地域であるが,近年は過疎・高齢化の急速な進行により,担い手不足が
添付ファイル 提言書vol.12(P101~P110).pdf (PDF:2 MB)
確保)陸の防潮堤!新たに2千を超える避難場所を確保!!(徳島市・小松島市・津波避難計画等)-181-【課題解決への方向性と処方箋】 【徳島発の政策提言】 ■ 高速道路ネットワークの整備を推進するため,予算を拡大する必要がある。 ■ 「命の道」「活力の道」となる高速道路等の整備を推進するとともに,
添付ファイル 提言書vol.14(P121~P130).pdf (PDF:2 MB)
材の育成 ◇ 世界に誇るべき「文化芸術立国」の創出県担当課名 教育文化課関係法令等 文化芸術振興基本法,文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次基本方針)46 「ジュニア文化大使(仮称)」の育成について主管省庁(内閣官房,内閣府,文部科学省初等中等教育局,文化庁) ■ 少子高齢化や過疎化が進み,
添付ファイル 提言書vol.16(P141~P150).pdf (PDF:2 MB)
人口が前回調査から96万 3千人減少し,調査開始以来初めての「人口減少」となり,平成28年 「人口移動報告」においては,東京圏の転入超過が21年連続で継続している。 ■ 「人口減少の克服」と「東京一極集中の是正」を図る「地方創生」は, 国・地方を挙げて,まさに「待ったなし」で取り組むべき最優先課題で
添付ファイル 提言書vol.18(P161~P170).pdf (PDF:4 MB)
と動物の共生する社会の実現推進事業 13百万円 犬猫の引取り数の削減,返還・譲渡の推進,殺処分数の削減《まち・ひと・しごと創生総合戦略(2016改訂版)》(P85) ◇ ふるさとづくりの推進《自由民主党 総合政策集2016 J-ファイル》(P79,№339) ◇ 愛護動物と共生する社会の実現 ・
添付ファイル 提言書vol.20(P181~P190).pdf (PDF:5 MB)
人口の拡大・インバウンドの増加不安だな充当率82%民有林の46%が急傾斜地林業地帯 急傾斜地のため基盤整備コストが割高全地区中山間地域で実施地方創生道整備推進交付金事業計画・実績状況(6地区)整備量の遅れ!H28終了-53-【課題解決への方向性と処方箋】【徳島発の政策提言】 ■ 木材の増産を図るには
添付ファイル 提言書vol.1(表紙・目次).pdf (PDF:312 KB)
人口減少社会を迎え,水道施設の集約化・効率化を図り, 南海トラフ巨大地震などの自然災害に備え,耐震化対策が急務となっている。 ■ 広域化に向けた連携条件や,継続的な財政支援が課題となる。直面する課題・ 気候変動による取水の不安定化広域連携への課題・老朽化と耐震化による更新需要の増加簡易水道事業の現状
添付ファイル 提言書vol.3(P11~P20).pdf (PDF:2 MB)
人口数(千人)(H21とH27の2点による推計)子育て中の母親が重視する項目 (県アンケート)保育所によるサポート(ex.延長保育)正規職員無職・家事病児・病後児の預かり(ex.施設設置)正規職員無職・家事徳島県における「障がい区分別雇用割合」身体 740人/23,300人(3.17%)知的 391
添付ファイル 提言書vol.5(P31~P40).pdf (PDF:4 MB)
材が乏しく,対応が難しい。 ■ また,TPPの動向が不透明となり,RCEPや二国間協定などその他の 自由貿易協定への動きも見られる中,中小企業等は海外展開に向けた決断に 苦慮している。 ■ 自由貿易協定の流れやICTの急速な発展により,地方においても海外展開に 取り組む中小企業・小規模事業者は増加
添付ファイル 提言書vol.7(P51~P60).pdf (PDF:4 MB)
人口・発展・活性化に与える影響は大きく, また,国の経済成長を支えるためにも,優れた技術の輸出促進が求められる。 ■ 整備新幹線の整備に一定の目途が立ち,地方において次なる新幹線整備への 期待が高まりつつある一方,新幹線関連予算は,公共事業関係費の約1%に とどまっており,財源の見直しが必要である。
添付ファイル 提言書vol.9(P71~P80).pdf (PDF:2 MB)
人口減少」や「東京一極集中」に歯止めがかからない厳しい状況のもと, 地方創生の切り札である「政府関係機関の地方移転」の加速に向けた 国の実践策に,国民の関心と期待が一段と高まっている。31 「政府関係機関の地方移転」の加速に向けた全省庁 での実証実験の早期実施について ■ また,「働き方改革」として
添付ファイル 提言書vol.11(P91~P100).pdf (PDF:3 MB)
人口減少を踏まえた既存ストックのマネジメント強化 ・ 空き家物件に関する円滑な流通・マッチングを促進する《自由民主党 総合政策集2016 J-ファイル》(P10,№42) ◇ 不動産市場の活性化等 ・ 中古住宅市場を活性化させるため,全国の空き家・空き店舗も含めた 低未利用不動産の再生を支援《公明党
添付ファイル 提言書vol.13(P111~P120).pdf (PDF:2 MB)
人口の減少により,労働力不足の深刻化が懸念される。■ 就労意欲の高い高齢者は多く,元気高齢者を介護現場で活かしたいが,高齢者に適した働き方やフォロー体制が十分でなく,その潜在的な力を活かし切れていない。■ 介護人材確保に向けては「地域医療介護総合確保基金」を活用した事業を実施しているが,対象となる事
添付ファイル 提言書vol.15(P131~P140).pdf (PDF:3 MB)
人口流出などによる「まち」の縮小や衰退が懸念されている。 ■ 南海トラフ巨大地震時に建設される仮設住宅は,みなし仮設を除き 6万5,800戸と推計しているが,被災の状況によっては使えなくなる土地が 発生する可能性があるため,被災時の住民の不安を払拭,様々なニーズに適切に 応えられる,広範囲でのより良
添付ファイル 提言書vol.17(P151~P160).pdf (PDF:2 MB)
人口減少の中でも,特に若者の流出が著しく,大学への進学や就職を機会に, 県外へ流出している。 ■ 日本全体の人口減少や東京一極集中の進行が改めて明らかになる中,地方にお いては,産業や地域の担い手不足が深刻化し,地域経済の持続的な発展に支障を きたすことが懸念されている。38 大学生の地方回帰を促す
添付ファイル 提言書vol.19(P171~P180).pdf (PDF:3 MB)
人口に占める高齢者率出典:警察庁運転免許統計自主返納者(全国)高齢者率(全国)高齢者率(徳島)51.4% 52.6%53.3% 54.6%54.8%62.5%67.3%61.3%63.0%77.6%H24 H25 H26 H27 H28出典:警察庁交通統計1%7%6%27%全事故 視覚障がい者出典:
2017年10月17日 テーマ:情報公開・個人情報保護,人事委員会事務局 カテゴリー:
添付ファイル 給与勧告等の概要.pdf (PDF:1008 KB)
員,平均年齢,学歴別員構成比及び性別員構成比 54第2表 給料表別平均給与月額 56第3表 給料表別,等級別平均給料月額 58第4表 給料表別,等級別,号俸別員分布 60第5表 再任用職員の給料表別,等級別員分布 86第6表 扶養手当の支給状況 87第7表 住居手当の支給状況 88第8表
添付ファイル 給料表.pdf (PDF:127 KB)
事委員会委員長 田岡 博明本日,本委員会は,県議会及び知事に対し,職員の給与に関する勧告等を行いました。事委員会の給与勧告制度は,公務員が労働基本権を制約されていることの代償措置として,民間の給与水準や国家公務員の給与制度等との均衡の下,社会情勢に適応した職員の適正な処遇を確保しようとするもので
添付ファイル 民間給与関係.pdf (PDF:358 KB)
事委員会及び事院(3)調査の範囲ア 調査対象事業所平成29年4月分の最終給与締切日現在において,全産業の企業規模50以上で,かつ,事業所規模50以上の県内事業所 287事業所イ 調査対象職種76職種(うち,初任給関係18職種)- 92 -(4)調査対象の抽出ア 標本事業所の抽出前記(3)のア
添付ファイル 労働経済指標.pdf (PDF:44 KB)
事委員会【本年の報告及び勧告のポイント】○月例給,ボーナスともに引上げ1 月例給について,公民較差(0.12%)の解消を図るため,給料表の水準を引上げ2 期末手当・勤勉手当(ボーナス)について,民間の支給割合との均衡を図るため引上げ(0.1月分)Ⅰ 給与に関する事項1 職種別民間給与実態調査企業規
添付ファイル 委員長談話.pdf (PDF:60 KB)
員構成に合わせて加重平均したものをいい,「職員の給与」は民間従事者と比較し得た行政職給料表適用者の平均給与をいう。したがって,この表における「職員の給与」は,第2表における「平均給与月額」と若干異なるものである。(参考) 公民比較対応表民 間 の 対 応 職 種県職員(行政職)職 務 の 等 級
添付ファイル 報告と勧告(本文).pdf (PDF:443 KB)
人口減少と超高齢化の到来が見込まれる本県では,人口減少社会を正面から受け止め,東京一極集中の是正など様々な課題に的確に対応するため,失敗を恐れず,新しいことに挑戦できる進取の気質を持つ人材を確保するとともに,高度化・多様化する行政課題や県民ニーズに適切かつ効率的に対応できる組織体制の構築が求められて
添付ファイル 職員の給与関係.pdf (PDF:319 KB)
人口5万人 金 額 339.1 千円 310.6 279.9 308.6総家務計 (勤労者世帯) 以上の市 前年同月比 2.0 % △2.4 △4.7 △0.6省調 金 額 260.0 千円 305.8 312.2 396.5 査 徳 島 市)前年同月比 △18.4 % 4.5 7.0 43.8消費
添付ファイル 報告と勧告(全文).pdf (PDF:2 MB)
人口減少と超高齢化の到来が見込まれる本県では,人口減少社会を正面から受け止め,東京一極集中の是正など様々な課題に的確に対応するため,失敗を恐れず,新しいことに挑戦できる進取の気質を持つ人材を確保するとともに,高度化・多様化する行政課題や県民ニーズに適切かつ効率的に対応できる組織体制の構築が求められて
2016年11月10日 テーマ:自然・環境,環境首都課 カテゴリー:その他
添付ファイル 概要版.pdf (PDF:895 KB)
材の育成・情報の共有・関係部局の横断的な連携による効果的な施策展開・県民、民間団体、事業者、行政の密接な連携・各役割に応じた積極的な取組み環 境 審 議 会地域主体の取組み展開 分野横断的な施策展開・ 進捗状況の点検、評価・ 定期的な見直し進化する“適応戦略”1 本戦略の取組みのイメージ資 料 編
添付ファイル 1 背景・2 基本的事項.pdf (PDF:2 MB)
人口構成等の地域特性によって異なり、各地域の有する脆弱性に応じ、影響の内容や規模に様々な差異が生じます。したがって、適応策は地域の特性を踏まえ、地域において主体的に取り組むことが重要となります。<本県の主な地域特性>地理的特性■地 形本県は、四国の東南部に位置し、山地が多く県土面積のおよそ8割を占め
添付ファイル 4 分野別の基本施策.pdf (PDF:896 KB)
人口10万人あたり)全国10位)1.2 気候変動の主な影響(1)現 況【河川・沿岸 (洪水、高潮高波、海面上昇)】徳島地方気象台の観測によると、日降水量が100㎜以上の大雨の日数は西日本で増加しており、徳島でも増加傾向にあります。近年では、平成26年、27年と2年連続し、夏季に那賀川流域において豪雨
添付ファイル 資料編.pdf (PDF:2 MB)
H30 2,300H28 H29 H30 H31 H32治水・利水等流域水管理条例(仮 制 定称)の制定生態系を活用した防災・減災 調 査 検 討 推 進についての調査研究 推 進推 進kanrisyaタイプライタ-37-2 自然生態系 [危機管理部、県民環境部、農林水産部、南部総合県民局、西
添付ファイル 表紙・目次.pdf (PDF:60 KB)
人口構成等の地域特性により異なる。Ⅰ 背景Ⅱ 基本的事項1 戦略策定の趣旨2 戦略の位置づけ3 計画期間4 戦略の方向性5 戦略を展開する基本的視点6 対象分野7 横断的な取組みⅢ 分野別の影響Ⅳ 分野別の基本施策(行動計画)Ⅴ 戦略の推進体制Ⅰ 背 景2 「適応策」の必要性・ IPCC第5次評価報
添付ファイル 3 分野別の影響.pdf (PDF:3 MB)
のライフスタイルの見直しが期待されます。■ 適応策に関するセミナー、イベント等への参加■ 豪雨等の災害時に備えた避難訓練への参加、熱中症等の予防対策 等民間団体は、気候変動の影響について理解を深めるとともに、県民・事業者・行政の各主体と連携・協働し、地域における適応策の取組みを牽引していくこと
2017年12月4日 テーマ:文化・芸術,総合政策課 カテゴリー:その他
人口 明治時代前半の徳島県は,江戸時代以来の藍の生産が隆盛、この藍を中心とした産業の活況を背景に,明治22(1889)年の市町村制施行時に徳島市は全国10位の人口を擁していました。○庚午事変 明治2(1869)年の版籍奉還を契機に,徳島藩の筆頭家老であった稲田氏家臣たちが分藩運動をおこしました。これ
2017年12月15日 テーマ:財政,財政課 カテゴリー:予算
人口拡大で地方創生!未来へつなぐ「観光誘客戦略」を展開活力ある成長と発展による「経済・好循環」を加速 「働き方改革」と「多様な人材が活躍」できる社会を実現人口減少の進行による影響が深刻化○国内市場の縮小 ○生産年齢人口の減少○地方に顕著化 ○市場ニーズの多様化現 状地域経済の持続的な成長と発展「事業
2017年12月14日 テーマ:統計,報道提供資料,統計データ課 カテゴリー:政策創造部
添付ファイル 素案概要 (PDF:82 KB)
材の確保・育成・AI関連企業の集積支援・環境情報のオープンデータ化インフラ・防災・減災分野・IoT・AI活用によるインフラ管理・i-Constructionの推進・IoT・AI活用による防災対策移動分野・交通規制情報提供の高度化・道路工事規制情報のオープンデータ化・ドローンの活用拡大分野
添付ファイル 素案 (PDF:3 MB)
人口減少の現状 2(2) 流通するデータ量の増加 4(3) 進められる法整備 6(4) IoT社会の進展 7(5) 期待されるAIの活用 8(6) 地方自治体におけるオープンデータの取組状況 9(7) 第4次産業革命がもたらす変革 10Ⅲ 推進戦略1 目的 122 位置づけ 123 推進体制 134