やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

トイレットペーパーなどの紙製品の供給、生産は通常通り行われています(追記:経済産業省からのメッセージを追加しました)

 トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙製品について、経済産業省から次のとおり情報が提供されております。 

経済産業省ホームページ
(以下は経済産業省ホームページより抜粋)

SNS等において、トイレットペーパーやティッシュペーパーが不足するとの情報が広がっていますが、これらの紙製品は、現在、通常通りの生産・供給を行っています。原材料調達についても中国に依存しておらず、製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています。安心して落ち着いた行動をお願いいたします。


経済産業省からのメッセージ(3/4追記)

1.トイレットペーパーは、ほぼ100%国内で生産されています。このうち、国内古紙から作られるものが60%、北米・南米から輸入するパルプで作られるものが40%となっており、原料の供給にも全く問題はありません。

2.2月28日から日曜を除いて、一日あたり2000万ロールの輸送だったものを、2倍の4000万ロールに増強しています。これは、一日で330万世帯に12ロール入り1パック(4人家族3週間分)のトイレットペーパーをお届けできる量です。

3.在庫も日本全体では3億5000万ロールあり、日本国民全体で3週間分のトイレットペーパーに相当する量がメーカーにあります。

4.このような状態であるため、住民の皆さまにおかれましては、通常どおり落ち着いてトイレットペーパーの購入をお願いします。今日購入いただいた方は、明日、明後日、明明後日と少し購入を控えていただけば、自然といつもどおりの品揃えになります。

令和2年3月3日 経済産業省